FC2ブログ

摂食障害に完治はあるのか

おやつ
12 /05 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



インフルエンザの予防接種をしました。


産院で受けたので、打つ前に赤ちゃんの心音の確認などもして貰えました。


副反応もなく、良かったです。



娘も受けようと思っていたのですが


かかりつけの小児科で聞いたら『まだ小さく抗体が出来にくいので、周りの大人が打って守ってあげた方が良いと思います』との方針でした。


まだ幼稚園にも通ってないし、出かけるとしても近所の公園ぐらいなので、今年は受けないでおこうと思います。



揚げそば。母が特売の揚げそばを見つけて買って来ました。久しぶりに食べましたが、いつも餡掛けを作った後に揚げそばの袋を開けたところで、餡掛けスープの素が入ってる事に気付く...




ナスの煮浸し。油通しすると美味しいけど、面倒なので、いつも炒め煮です。おだしは甘めに作るのが好き。




豆腐とワカメとネギのお味噌汁。何だか年季の入ったお椀に入れてしまいました。実家感...


 


あとは、昨日の残りの鶏団子やら、ハムマヨを適当に食べました。


ツワリが明けてから、なぜかハムマヨでごはん食べるのにハマってます。あと、梅干しごはんも。


ごはん・ポテチ・酸っぱいグミ・梅干し・チーズ・お肉が美味しすぎて困る...娘の時は甘い物が欲しくなったけど、今回はガッツリした物や酸味のある物が無性に食べたい感じ。



昨日までの続き...


(これから書くのは、あくまでも私の中での気持ちです)



依存症は、記憶と同じ


二度と消える事はないし、決して元通りにはならない


薬物依存やアルコール依存と同様、回復はしても完治はない



↑このような言葉、よく耳にします。(できれば耳にしたくないけど)


私は克服をうたっています


が!


こういった言葉、正直否定は出来ません。



克服し、困難を乗り越えた事は確かです。


摂食障害なんて大嫌い、あんな苦しい世界には二度と戻りたくない、克服後の暮らしはなんて素晴らしいんだろう...


という、揺るぎない想いもあります。



ただ


14年ものあいだ繰り返した過食嘔吐


その依存の事実が、まさしく『記憶』のように、脳の奥底にこびり付いている感覚も


認めざるを得ません。



なので、何かの拍子に再び奈落の底へ...


なんて事も『絶対に無い!』とは言い切れないのも事実です。


それもあって、現在の状況を表す際は『完治』ではなく『克服』という表現を使っています。



え?!アンタまじか?!!


これまで散々、寛解期について語ってきたクセに!!!


一体何なん?!何やったん?!?!



って感じもしますよね。


確かに、こう言ってしまっては、無駄な努力って思われても仕方ないかもしれません。


ただ、綺麗事は書きたくないので、正直な気持ちを書いています。



それに!!


私とて、ずっと苦しんできた病気をせっかく克服したのですから、みすみす舞い戻るつもりはありません。


完治ではないにしろ、気持ちの落とし所はちゃんとあります。


そして、絶対!とは言い切れないにしろ、今のところ不安もありません。



その辺のところ、明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


サヨウナラ腹パン

おやつ
12 /01 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



ツワリが終わったと思ったら、お腹がグングン大きくなってきました。


今18週だけど、娘の時の26週ぐらいの写真と同じぐらいの大きさです。2人目は早く大きくなるって聞いてたけど、ホントかもしれません。


ごはん食べた後、お腹が苦しいです。



妹夫婦が来ていたので、簡単にお鍋。水炊きにしました。


ふぉとさんも来てたんだけど、残り物のカレーが食べたいと言うので、私達はカレー食べました。



昨日までの続き...



寛解後期になっても尚


お腹パンパンにならないと、満足した気がしない。でも、カロリーは摂りたくない...


という理由から、食事のたびに、苦しくなるまで野菜・汁物・こんにゃく・コーヒーなどを食べていた私。


このクセを直すべく、お腹パンパンにするにしても、とりあえず『食べたい物』を食べてみよう!体重が増えたとしても、克服過程だと思って受け入れよう!と決めました。



ただ


これまで、私は好きだから野菜や汁物を食べてるんだ!脂っこいものは体に合わないんだ!って、自分を洗脳して、本当にそう思い込んでいた私。


実際に始める段になると、いつ・何を・どれだけ・どう食べたいのやら、よく分からなくなっていたのです。



例えば、おでんの場合...


それまでは、大根とコンニャクがお友達で、お腹いっぱいに詰め込んでから、大好きな(本当は大好きって知ってる)鶏肉と卵を1つずつ味わう。ただ、本当は食べたい(これも実は食べたいって知ってる)ウインナー・練り物などは怖くて排除。ジャガイモも好きだけど、お米食べたいし、炭水化物摂りすぎだからNG!


みたいな食べ方でした。




ただ、家族でおでんを食べていても


そんな極端な食べ方をしてる人なんて、いない訳なんです。大根とコンニャクばっかり無くなって、恐縮なこと極まりない訳です。


やっぱり、こんな不自然な食べ方、やめたい!でも、どうしたら良いか分からない...



そこで、ひとまず


家族の中で適度に少食な、母の食べ方をマネしてみる事に。


母は練り物が大好き。こ、怖い...でも食べてみる。え、コンニャク見向きもせんやん...卵とかお肉ばっかり食べるやん。やっぱウインナーも行くかぁ...えぇ、それで終了なん?!


頭の中でつべこべ言いながらも、とりあえず真似っこ完食。



お腹の容量的には、いつもの1/3にも到達してない?


でも、なんか...それなりに満足感はあるかも。


いつもは避けてる練り物にウインナーにジャガイモに...おでんってこんなに美味しくて楽しい物だったんだ。



とはいえ!やっぱりまだお腹パンパンにはなってない!!


結局、皆が食べ終わって行く中、後で黙々と大根&コンニャクを詰め込むのでした。


ただ、いつもとは少し違う感覚?そこまでパンパンにしなくても、なんか大丈夫そうというか...



母のマネっこにより、少なからず手応えを感じた私。


そこを皮切りに、食べ方の改善と、本当に食べたい物、心地良い量を探求していきます。


要は、計算じゃなく、体の声に従って食べる練習の仕上げ段階ですね。



明日に続く...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


ツワリなのに許せない

おやつ
11 /12 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



ココイチ偏頭痛がヤバイ1日でした。


頭ガンガンズキズキメリメリ...


そんな訳で、1日動けなかった(T▽T)



お昼もズボラすぎに...


左が娘で、右が私。自分の分は野菜なし...カップ麺にチーズが限界でした。娘もごめん...なランチ。困った時の娘ごはんは、卵と納豆頼みです。それにしても、お椀にサラダて...頭痛すぎて、もはや何も見えていない。




夜も夜で、テキトー。


カリカリジャコ(見えない...)と青梗菜の塩炒め。青梗菜、久しぶりに食べると美味しい。




またうどん。


ネギを畑まで取りに行くパワー出ず...余ってたコーンを入れるという暴挙に。でも意外と美味しかったので、まぁいっか。




あとは、父の付き添いで病院へ行っていた母に頼んで、帰りにスーパーの出来上いを買って来てもらいました。


娘には出来上いあげられないので、うどんの中に鶏肉入れました。




夜には頭痛もおさまってきたので


昨日までの続き...



摂食障害の中、ツワリ。


今回のツワリより、かなり重かった。今思えば、もともとの体のポテンシャルの違いもあったのかと...当時は気付かなかったけど、過食嘔吐で身も心も弱っていたんだと思います。


とにかく常に吐きそうで、朝起きられないほど辛い毎日。立ってるだけで、腰から砕け落ちそう。



当時はまだバイトをしていて、立ちっぱなしの接客業でした。


でも、だんだん休みがちになったり、しんどすぎて仕事にならず早退させて貰ったり。


これ以上は、しんど過ぎるし、いるだけで迷惑だ!と思い、早々に辞めさせて貰いました。



で、プー太郎になった私。


毎日、ほぼ寝たきり。


当時はしんど過ぎて、過食嘔吐どころではありませんでした。



が...


許可食



まさかの、許可食は譲れないという事態



休みの日は、カフェで朝昼兼用。


サンドイッチとカプチーノ(400kcal)。


恐ろしい事に、いくら吐きそうでも、アッサリした物が食べたくても、家で寝ていたくても、カフェインは良くないと分かっていても...



どうしても、やめられない


いや、やめるわけにはいかない


いやいや、やめてはならない



重たい体を引きずりながら


ツワリで痩せた体に嬉々としながら


来る日も通い続けました



ついに、コーヒーはどうしても気持ち悪くて飲めなくなり...


まさかまさかの、唯一飲めたルイボスティーを水筒で持ち込む始末。


いやいや、違反ですから!せめてサンドイッチだけテイクアウトしなはれ!



いや、ならぬならぬ!


いつ、どこで、なにを、どうやって食べるか


逐一、決まってるんじゃ!



それ以外は許せない!


これぞ、我が『許可食』!!



あぁ、めんどくさ(T▽T)


今の私なら、フルーツかヨーグルトかアイスか...とりあえず食べられる物を食べて、ずっと寝てるわ。


わざわざ着替えて出掛けて注文して...


何より、本来であれば食べたくもないサンドイッチを無理矢理食べて、隠れてコソコソお茶飲んで...


自分の手でツワリを悪化させる。



でも、分かってても無理だった


他に何をどう食べたら良いのか分からなかった


何なら、これが最善だと思ってた



だから、病気なんだけど。


理屈・道徳・体調、全部ウラハラ。


これから母になるのに、食べ物が中心だった。



そして、辛いツワリが明ける頃


もっと辛い...摂食人生で一番辛い事が待っていた。


明日に続きます...




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。