FC2ブログ

寛解期のぐちゃぐちゃな気持ち

摂食障害
12 /13 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



1週間ほど入院していた父が、退院する事になりました。


『おっきい赤ちゃんが帰ってくるみたい』...って、母と覚悟。


アルコール依存の父。家で問題起こしたり、近所でケガして運ばれるくらいなら、病院にいてくれた方が、家族は楽だったりもします。(入院した理由は他の持病です)



摂食障害とは、ジャンルは違いますが、依存という意味では似たような部分があって...


そういう意味で、私は理解できる気持ちもあります。


せっかく定年後の余生なのに、アルコールのルーティンのせいで旅行にも行けない両親。歯がゆくて心苦しいです。



イワシの南蛮漬け。


面倒だけど、美味しい南蛮漬け。母と妹も好物です。娘と姪っ子のぶんは、骨を取った後、野菜と一緒に叩いて、まぜごはんにしました。2人とも気に入ってくれた。


結婚当初は、魚恐怖症?触る事すら無理でした。料理をちゃんとするようになってからも、ビニール手袋が必須だった。なのに今、腹に指入れて、普通にグリグリ開いてる自分がいます。慣れってすごい...




かぼちゃ・さつまいも・大豆の煮物。


今日は、好きな味にほっくり炊けました。芋栗南京...離乳食の時から娘の好物です。




カブとツナの甘酢和え。


大根サラダより柔らかくまろやかな仕上がり。カブの風味が気になるかと思いきや、しっかり塩もみしたら大丈夫でした。




大根葉と薄揚げのお吸物。


昨日使った大根の葉の部分で。とれたての大根だから、葉も柔らかいです。これまで、葉の部分は基本捨てていたのですが、意外と美味しいし使っていこう。滋味深い味わいの農家メシ...







昨日の続き...




治したいのに、治したくない


過食嘔吐なんてやめたいのに、スイッチが入った自分を抑えられない、食べたいけど太るのが怖い...


この気持ちを整理するためには、もうこれしかなかった




何度も何度も諦めず、言い聞かせる


ぐちゃぐちゃになるたび、気持ちを整理する


...寛解期は、これの繰り返しでした




私の場合、そこで役に立ったのが、ブログの存在。


自分の行動を振り返り、その時の気持ちを『書き出す』事


そうする事で、バラバラの思考を束ね、本当の想いに気付く事が出来たんです。




中でも簡単に出来たのは『比較』する事。


このまま摂食障害と共に生きていく未来と


摂食障害を手放して生きていく未来


2つの自分を描き、色んな項目を書き出して、比べてみました。




つい、目の前の症状・罪悪感・上手く行かない事に目が行って、焦ってしまいがちだけど...一歩ひいて、大きな視点で、未来の事を思い描いてみたんです。


私は、どんな未来が欲しいのか?


そのためには、どうして行くのが良いかな?




具体的な目標を立ててチャレンジするのも良いけど、行き詰った時って、とても苦しい。


そんな時は、現状や目先の事からふと目を逸らして、少し先の未来を描いてみる...


私の場合は、そうする事で気持ちの整理が出来、心が少し軽くなったりもしました。




具体的に、どんな事を書いていたか?


ちょっと思い出してみようと思います。


次回に続きます...





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


治す?治さない?どっちなの?

摂食障害
12 /12 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



妹と姪っ子と一緒に、4人同室で寝始めてから4日が経ちました。


そのうち、すんなり寝てくれたのは1日だけ。2人で遊んだり刺激し合って、全然寝てくれない。


いつも2人とも21時頃には寝ていたのに、23時半まで起きてた日もありました。


早く慣れてくれると良いなぁ...



豆腐とひじきのふわふわ焼き。


ひじき・人参・大豆・薄揚げでいつもの煮物を作り、絹豆腐と片栗粉を混ぜて焼きました。子供達が喜びそうなメニュー。大人は醤油かけて食べました。




大根と鶏野菜団子のお吸物。


団子は、たたいた鶏胸肉・玉ねぎ・人参・ネギ・生姜。多めの片栗粉でつないだので、とろもちっとした食感。白味噌ベースに生姜たっぷりで、こっくりぽかぽかです。




ロメインレタスのさっぱり炒め。


シャキシャキ感が残る程度に軽く炒めて、塩・お酢でシンプルな箸休めに。大人はお好みでレモンペッパーをガリガリと。




頂き物の巻き寿司。


写真では伝わりにくいですが、手のひらほどあるズッシリとした巻き寿司。ロールケーキより一回り大きいくらいかな?とにかく1つでも食べ応えがすごかったです。




昨日の続き...



治したいのに、治したくない


この相反する矛盾した気持ち


本当の想いと、依存している心身との葛藤だと思うのですが...最終的にどちらを選ぶかは自分次第なのかなぁと思います。



私は、15年も過食嘔吐をしていましたが、最後はやっぱり治したい想いがとても強く


でも、治したくない...というか、治す過程で体重が増えたり、ルーティンが崩れたり、快楽を手放すのが怖くて...


そんなだから、寛解期に入っても、一進一退...足踏み状態が続いていました。



吐かない日を作れるようにはなったけど、だからと言って、ゼロに出来る気が全くしない。


過食嘔吐する日を励みに、吐かない日を頑張ってる感じ


自分でも、自分がどうしたいのか?どうしたら克服に至れるのか分からない。


ホントにホントに悔しくて、現状がもどかしかったです。



摂食障害は病気


当時は、心も体もマックス飢餓状態。


過食嘔吐モードに入ったら最後、理性も理屈も吹っ飛んで、何を差し置いても始めなきゃ気が済まない!



もう、そこを責めても仕方ない


今からイキナリ克服!もあり得ない


...だんだんそう思えてきた。


ある意味、症状に対しては、開き直りも必要かもしれない...自分を責めても、何にも進まないから。



そう気付いてからは、過食嘔吐した後の『切り替え』に重きを置くようになりました。


とはいえ、心の中はとっ散らかってて...


治すの?治さないの?どうしたいの?


ぐちゃぐちゃのまま、置き去りにしておくのはしんどすぎる。


そこで助けになったのは、ある物の存在だったのです。



次回に続きます...





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


治したいのに治したくない時

摂食障害
12 /11 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



実家に来て、ツワリに突入してからというもの、ズンズンずりずりと...ぐぅたら生活に引き込まれて行ってました。


特に早起きする理由もないし、体はダルいし眠いしで、起きるのは9時過ぎ


娘の昼寝も14時半~(私も一緒に2時間寝る)、夜寝るのは22時前と、どんどんずれ込んで行き...



このままでは、引っ越し後がヤバイ!!(ふぉとさんの出勤時間に合わせて、私6時半・娘7時半には起きなきゃ)


そろそろツワリも落ち着いてきた事だし、ここらで生活改善していかないと!!


...と、思っていたところに、妹と姪っ子が帰省。


2人は8時には起きるので、それに合わせて、徐々に朝方へシフトして行こうと目論んでいます。



8時に起きると、娘もEテレで『ワンワン』がみられる!散歩にもたっぷり行ける!お昼までお腹もたないので、10時のおやつもある!


まさに、早起きは三文の徳だ!




サバの塩焼き。


良い焼き加減に出来ました。大根おろしと合わさると、良いごはんのおともに。






ポテトサラダ。


これまで娘はポテサラ作っても食べてくれなかったのですが、今日はモリモリ食べてくれました。めげずにあげてたら慣れたのかも。


私はポテサラ好物なので良かった。明日の朝、トーストに乗せて食べます。






えのきとちくわと海苔のお浸し。


妹の好物なので作りました。すりゴマ+醤油のみの味付けですが、きのこの旨味で美味しくなります。





摂食人生の中で、いちばん逡巡した事は...


『治したいけど治したくない』


っていう、ハタからみたら理解し難いであろう、相反する気持ちでした。



この気持ち...


『治したい』ではなく『治そう!』と主体的に決意した後も


何度も何度も何度も現れ、寛解期の終盤に及んでも、なかなか完全には消えてくれませんでした。



多分、本当の私は治したいと思ってるし、このままじゃダメだって分かってる。


でも、依存してる私は治したくなくて、手放すのが惜しくて怖い。



過食嘔吐しているとき、体重増加が怖いとき、嫌な事があって心のモヤが晴れないとき、とにかく食べたくて仕方がないとき...


そんな時は、後者の自分が強く出る。


それはもう、理性や理屈は通用しないほどに。



ただ...過食嘔吐をしてしまった後


疲れた体、なくしたお金・時間・人間関係、何やってるんだろうという虚無感や罪悪感や孤独...


その度に、やっぱり治したい!という気持ちが込み上げて、苦しくなる。



自分で自分に


『一体どないしたいねん!!?!』


って、何度ツッコミを入れた事か



どうせ無理なら、開き直って『共存』を選んだ方が、いっそ楽になるんじゃないの?


いやいや、やっぱりこのまま過食嘔吐を抱えて生きて行くのはしんどいよ...


でも、たくさん食べたい!過食嘔吐を手放したら、こんなにジャンクな食べ物とは、一生サヨナラしなくちゃならなくなる


あーもう、どうしたいの?!分からない!!



ちなみに、克服した今となっては、過食で食べていたジャンクすぎる食べ物なんて、一切欲しません。


むしろ、なんで?あれがあんなに食べたかったの?よく食べてたな?...って謎です。


なので克服後の、ジャンクとのサヨナラに関しては、一切心配無用だったなーと思います。




何はともあれ


『治したいのに治したくない』...この気持ちを整理して、克服まで持って行くために私がして良かったと思うことはいくつかあります。


明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


サヨウナラ過活動な私

摂食障害
12 /10 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



妹もしばらく実家で過ごすことになりました。


夜は、姪っ子も入れて4人で布団を並べて寝る事に。


初めてということもあり、娘と姪っ子は興奮してなかなか寝ませんでしたが、なんとか就寝。


今夜は、もう少し慣れてくれると良いなぁ...




冷蔵庫の半端野菜で、かき揚げ。


さつまいも・人参・ピーマン・玉ねぎ・かぼちゃ。打ち粉と一緒に塩で下味を付けておきました。つなぎは、卵・小麦粉・水。


初めて揚げ焼きしてみたけど、具材もバラけないし、油のギトギト感も無くサクサクに仕上がりました。揚げ焼き、良いですね◎


姪っ子と娘のぶんは、揚げずにキンピラにしました。


 




鶏むね肉とキャベツのサラダ。


鶏むね肉・キャベツ・きゅうり・赤玉ねぎを、塩・醤油・酢・ごま油・すりゴマ・マヨネーズ・ヨーグルトで和えました。


小さい子も食べやすいように、キャベツときゅうりは塩もみして柔らかくしておき、赤玉ねぎもシッカリ水にさらしました。鶏肉も余熱を利用して柔らかく火を通しています。味付けも、サッパリと薄めにしました。






ふんわり卵の春雨スープ。


姪っ子が春雨大好きなんです。サラダに使った鶏肉の茹で汁を使っています。塩ベースの、シンプルで優しい味付け。





昨日までの続き...



過活動の理由は、ルーティン化していた食事内容を、安心かつ、空腹の状態で最大限に美味しく食べるためでした。


今は、忙しくてたくさん動く日もあれば、ダルくてほとんど動かない日もある。散歩したい気分の時は、買い物中に寄り道して少し遠回りする事もある。基本ナマケモノなので、筋トレとかランニングとかは、一切していません。


なので、お腹の空く日もあれば、空かない日もある。



もちろん、空腹の方がごはんは美味しいです。


ただ、お腹が特に空いてなくても、1日3食、欠食する事はありません。


食事内容は、その時のお腹の具合や、気分に合わせて自由に調整できるからです。



個人的に思うこと...


やっぱり、1日3食のリズムは、これからも大切にしていきたいです。


適度な空腹と、適度な満腹の繰り返し...体の調子が良いし、以前のように、食欲が爆発する事もないです。



過活動も、食事リズムの寛解と共に、少しずつ少しずつ軽減されていった感じでした。


過活動はシンドイし、時間も勿体ないし、やめたかった。でも、もし無理してイキナリやめていたら、心が苦しくなっていたと思います。


なので、過活動がシンドイ!やめたい!と思っても、始めは焦らずゆっくりと。


体と心と食事と...バランスをとりながら、無理のない流れで楽になって行けたら良いのかなぁと思います。




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


過活動のホントの理由

摂食障害
12 /09 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



最近、午前中にスーパー行って、帰りに娘と公園に寄るのがお決まりコース。


ツワリの時は、この公園で遊ぶ時間が本当にしんどくて...


楽しそうな娘を横目に、心の中は『早く帰りたい!』一心でしたが(娘よごめん)、やっと!私も楽しめるようになりました。


今は紅葉も綺麗だし、赤い紅葉や黄色いイチョウ、どんぐりや落ち葉のじゅうたんに癒される。


空気も冷んやりして、軽く首や肩をまわすと、めちゃくちゃ気持ち良いです。


寒いのは苦手だけど、冬の色や空気も好きだなぁ。





カレイの黒コショウ焼き。


黒コショウがピリッと効いて良い感じ。カレイも美味しかったけど、マグロとかブリのカマでやったらもっと美味しいと思いました。




大根葉のニンニク炒め。


昨日、畑から抜いてきた大根の葉っぱを使いました。ニンニク・ジャコ・ゴマ・塩・醤油・ごま油。ごはんのおともにもなります。




おから。


娘と母の好物なので、最近おから率高いです。人参・鶏肉・サツマイモ・玉ねぎ・ネギ・しいたけ・薄揚げ。牛乳を入れてしっとり炊いて、仕上げにごま油を入れます。




ミニうどん。


ワカメと天かすだけの、ズボラな汁物です。天かすって偉大、ホントに良い仕事してくれますよね。




昨日までの続き...



健康のため!節約のため!好きだから!


私は歩くよどこまでも~♪♪



と、当時は頑なに認めてませんでしたが


2時間近いウォーキング、腹筋1000回、ランニングマシン1時間  ...etc


今思えば、ザッツ過活動!な日常でした。



ただ、これ


私の場合、痩せるために...っていうのが最大の理由ではなかったんです。


もちろんそれもあったとは思うのですが、どちらかというと『食べるため!!!』に動きまくっていました。



当時は1日3食、いつ・どこで・何を・どれだけ食べるか、というルーティンが決まっていたので...


決まった量を安心して食べるために


定刻までにお腹を減らすために


最大限、美味しく味わう(空腹は最高のスパイス的な)ために


...要は、あれもこれも美味しくたくさん食べたいから、たくさん運動していた感が強いです。



今思えば、そのためにかける時間、なんて勿体ないんだろう?よくやるわ、疲れなかったのかな?って思うのですが


当時は『食べる』事への拘りが半端なく!


食事を軸に、生活も思考も回っていたんだと思います。



とはいえ、それが過活動だと自覚していなかったので


朝シッカリ食べたのに、お昼も普通に食べて、夜もふぉとさんと同じくらい食べて、間食まで出来るようになった!過食嘔吐も止まってる!


って、舞い上がってはいました。


吐く事はしていなくても、実際は故意に運動する事で、辻褄合わせをしていた訳で...


あの生活を続けながら克服に至る事は、私の場合、おそらく出来ていなかったと思います。



では、克服した今はどういう状況か?


明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。