FC2ブログ

妊婦検診と体重推移

その他
12 /14 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



午前中は、6ヶ月の妊婦検診でした。


これまで、近所のアットホームな産院に行っていたのですが、そこは先生も高齢で、もう分娩はやっておらず...


最終的には、娘を産んだ産院へ転院する事になりました。



検診前に、30分ほど助産師さんと面談。


たまたま、娘の時、母乳外来でお世話になった方でした。


不安に思っていた事など、親身に答えて下さってありがたかったです。



ツワリも空けて、食欲も完全復活!


以下、体重の推移です。


(身長は153cmぐらい)



3ヶ月目  →  44.5kg


4ヶ月目  →  43.4kg


5ヶ月目  →  44.8kg


6ヶ月目  →  46.6kg



3ヶ月目は、まぁ平常時の体重ぐらい。


4ヶ月目は、ツワリピークでちょっと減りましたが、今回のツワリは緩めで1回も吐く事なく、朝昼晩とごはんも食べられていたので、そこそこ。


5ヶ月目は、ホルモンのせいか偏頭痛に苦しんだものの、胃のムカムカは落ち着き、体重も回復。


そして現在、6ヶ月目は、お腹は減るものの、子宮が大きくなってきたせいか、結構すぐ満腹になります。ただ、おやつ欲が出てきて、食後にチマチマ食べてて...体重増加はそのせいかと。



癒しのおやつストック。


実家にいるのでお菓子は有るのですが、自分でもお気に入りのをストックしています。


赤ちゃんのために、今後は食べ過ぎ注意ですね。カフェインも、1日1杯まではOKとしていますが、カフェラトリーの抹茶オレが美味しすぎて困る...




前回は、摂食障害を抱えながらの妊娠でした。


妊娠しているにも関わらず、上手く寛解できない。食事が上手く摂れなかったり、吐かない過食や、ついには過食嘔吐をしてしまったり...


赤ちゃんに対する罪悪感、自分への嫌悪感、未来への不安に押しつぶされそうな毎日でした。



検診の時も、体重測定に振り回されて...


体重増加は赤ちゃんのため!今は痩せにしがみついてる場合じゃない!何考えてるの?!


って、頭では分かっていても、やっぱり増えると怖かったし、増えないように節制していた。




あの日々に比べたら、体重の事を気にしなくなった今は、本当に楽です。


ただ、今日の助産師外来で、私の骨盤的に、赤ちゃんの大きさが3000g超えたらシンドそう、3500g超えたら帝王切開かなぁと言われ...


『お母さんも、あんまり食べ過ぎないようにしてね』と言われてしまいました。



ま、今月末には引っ越し作業もあるし


ちょっとは運動になるかな(T▽T)


今、実家でゴロゴロし過ぎなので...



とか何とか言いつつ、久しぶりの1人ランチ。


人気の産院のため、10時20分~13時までかかってしまって...


検診の後、引っ越しの挨拶回りと、ハウスメーカーの方々に配るお菓子を買いに百貨店へ行く用があり、家に帰るまで空腹に耐え切れなかった。



黒毛和牛と半熟卵のドリア(スープ付き870円・ランチドリンク100円)。


たまたま見つけた、夜は肉バルをされてるお店。ランチはかなりお得で、各席に付いてる網で焼きながら食べる焼肉ランチも970円!めっちゃ惹かれたけど、娘を母に預けていたのでサクッと食べられる物で。


でも、黒毛和牛ゴロゴロ、量もシッカリあって大満足でした◎




スープは玉ねぎとベーコンが少しだけ入ってて、普通です。ハーブティも注文してみたのですが、まさかの、お冷やの代わりにハーブティ付いてきた!




久しぶりに、産院の近所でランチしましたが、ちょっと迷いました。


というのも、娘の時は摂食脳のせいで、カロリーの分かるカフェやファミレスか、うどん・豆腐・ビーガンなど、ヘルシーなお店しか選択肢になく...


前に愛用してたお店のメニューでは、今やゼッタイ足りない!!


サブウェイとかミラノサンドとか1個じゃ無理!豆腐やビーガンは物足りない!



せっかくだから美味しいお店に入りたいけど


知らないッッッ(T▽T)  ってなりました。


たまたま入ったお店が美味しくて良かった。




娘とは、久しぶりに5時間ほど離れました。


泣かずに遊んでてくれたけど、お昼寝は拒んだらしく、私が帰ったらすぐ寝ました。


『オカー!オッカヘリー!』と言ってくれたところに、成長を感じました。


お産の時、娘を置いて入院するのが不安です。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


寛解期のぐちゃぐちゃな気持ち

摂食障害
12 /13 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



1週間ほど入院していた父が、退院する事になりました。


『おっきい赤ちゃんが帰ってくるみたい』...って、母と覚悟。


アルコール依存の父。家で問題起こしたり、近所でケガして運ばれるくらいなら、病院にいてくれた方が、家族は楽だったりもします。(入院した理由は他の持病です)



摂食障害とは、ジャンルは違いますが、依存という意味では似たような部分があって...


そういう意味で、私は理解できる気持ちもあります。


せっかく定年後の余生なのに、アルコールのルーティンのせいで旅行にも行けない両親。歯がゆくて心苦しいです。



イワシの南蛮漬け。


面倒だけど、美味しい南蛮漬け。母と妹も好物です。娘と姪っ子のぶんは、骨を取った後、野菜と一緒に叩いて、まぜごはんにしました。2人とも気に入ってくれた。


結婚当初は、魚恐怖症?触る事すら無理でした。料理をちゃんとするようになってからも、ビニール手袋が必須だった。なのに今、腹に指入れて、普通にグリグリ開いてる自分がいます。慣れってすごい...




かぼちゃ・さつまいも・大豆の煮物。


今日は、好きな味にほっくり炊けました。芋栗南京...離乳食の時から娘の好物です。




カブとツナの甘酢和え。


大根サラダより柔らかくまろやかな仕上がり。カブの風味が気になるかと思いきや、しっかり塩もみしたら大丈夫でした。




大根葉と薄揚げのお吸物。


昨日使った大根の葉の部分で。とれたての大根だから、葉も柔らかいです。これまで、葉の部分は基本捨てていたのですが、意外と美味しいし使っていこう。滋味深い味わいの農家メシ...







昨日の続き...




治したいのに、治したくない


過食嘔吐なんてやめたいのに、スイッチが入った自分を抑えられない、食べたいけど太るのが怖い...


この気持ちを整理するためには、もうこれしかなかった




何度も何度も諦めず、言い聞かせる


ぐちゃぐちゃになるたび、気持ちを整理する


...寛解期は、これの繰り返しでした




私の場合、そこで役に立ったのが、ブログの存在。


自分の行動を振り返り、その時の気持ちを『書き出す』事


そうする事で、バラバラの思考を束ね、本当の想いに気付く事が出来たんです。




中でも簡単に出来たのは『比較』する事。


このまま摂食障害と共に生きていく未来と


摂食障害を手放して生きていく未来


2つの自分を描き、色んな項目を書き出して、比べてみました。




つい、目の前の症状・罪悪感・上手く行かない事に目が行って、焦ってしまいがちだけど...一歩ひいて、大きな視点で、未来の事を思い描いてみたんです。


私は、どんな未来が欲しいのか?


そのためには、どうして行くのが良いかな?




具体的な目標を立ててチャレンジするのも良いけど、行き詰った時って、とても苦しい。


そんな時は、現状や目先の事からふと目を逸らして、少し先の未来を描いてみる...


私の場合は、そうする事で気持ちの整理が出来、心が少し軽くなったりもしました。




具体的に、どんな事を書いていたか?


ちょっと思い出してみようと思います。


次回に続きます...





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


治す?治さない?どっちなの?

摂食障害
12 /12 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



妹と姪っ子と一緒に、4人同室で寝始めてから4日が経ちました。


そのうち、すんなり寝てくれたのは1日だけ。2人で遊んだり刺激し合って、全然寝てくれない。


いつも2人とも21時頃には寝ていたのに、23時半まで起きてた日もありました。


早く慣れてくれると良いなぁ...



豆腐とひじきのふわふわ焼き。


ひじき・人参・大豆・薄揚げでいつもの煮物を作り、絹豆腐と片栗粉を混ぜて焼きました。子供達が喜びそうなメニュー。大人は醤油かけて食べました。




大根と鶏野菜団子のお吸物。


団子は、たたいた鶏胸肉・玉ねぎ・人参・ネギ・生姜。多めの片栗粉でつないだので、とろもちっとした食感。白味噌ベースに生姜たっぷりで、こっくりぽかぽかです。




ロメインレタスのさっぱり炒め。


シャキシャキ感が残る程度に軽く炒めて、塩・お酢でシンプルな箸休めに。大人はお好みでレモンペッパーをガリガリと。




頂き物の巻き寿司。


写真では伝わりにくいですが、手のひらほどあるズッシリとした巻き寿司。ロールケーキより一回り大きいくらいかな?とにかく1つでも食べ応えがすごかったです。




昨日の続き...



治したいのに、治したくない


この相反する矛盾した気持ち


本当の想いと、依存している心身との葛藤だと思うのですが...最終的にどちらを選ぶかは自分次第なのかなぁと思います。



私は、15年も過食嘔吐をしていましたが、最後はやっぱり治したい想いがとても強く


でも、治したくない...というか、治す過程で体重が増えたり、ルーティンが崩れたり、快楽を手放すのが怖くて...


そんなだから、寛解期に入っても、一進一退...足踏み状態が続いていました。



吐かない日を作れるようにはなったけど、だからと言って、ゼロに出来る気が全くしない。


過食嘔吐する日を励みに、吐かない日を頑張ってる感じ


自分でも、自分がどうしたいのか?どうしたら克服に至れるのか分からない。


ホントにホントに悔しくて、現状がもどかしかったです。



摂食障害は病気


当時は、心も体もマックス飢餓状態。


過食嘔吐モードに入ったら最後、理性も理屈も吹っ飛んで、何を差し置いても始めなきゃ気が済まない!



もう、そこを責めても仕方ない


今からイキナリ克服!もあり得ない


...だんだんそう思えてきた。


ある意味、症状に対しては、開き直りも必要かもしれない...自分を責めても、何にも進まないから。



そう気付いてからは、過食嘔吐した後の『切り替え』に重きを置くようになりました。


とはいえ、心の中はとっ散らかってて...


治すの?治さないの?どうしたいの?


ぐちゃぐちゃのまま、置き去りにしておくのはしんどすぎる。


そこで助けになったのは、ある物の存在だったのです。



次回に続きます...





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


治したいのに治したくない時

摂食障害
12 /11 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



実家に来て、ツワリに突入してからというもの、ズンズンずりずりと...ぐぅたら生活に引き込まれて行ってました。


特に早起きする理由もないし、体はダルいし眠いしで、起きるのは9時過ぎ


娘の昼寝も14時半~(私も一緒に2時間寝る)、夜寝るのは22時前と、どんどんずれ込んで行き...



このままでは、引っ越し後がヤバイ!!(ふぉとさんの出勤時間に合わせて、私6時半・娘7時半には起きなきゃ)


そろそろツワリも落ち着いてきた事だし、ここらで生活改善していかないと!!


...と、思っていたところに、妹と姪っ子が帰省。


2人は8時には起きるので、それに合わせて、徐々に朝方へシフトして行こうと目論んでいます。



8時に起きると、娘もEテレで『ワンワン』がみられる!散歩にもたっぷり行ける!お昼までお腹もたないので、10時のおやつもある!


まさに、早起きは三文の徳だ!




サバの塩焼き。


良い焼き加減に出来ました。大根おろしと合わさると、良いごはんのおともに。






ポテトサラダ。


これまで娘はポテサラ作っても食べてくれなかったのですが、今日はモリモリ食べてくれました。めげずにあげてたら慣れたのかも。


私はポテサラ好物なので良かった。明日の朝、トーストに乗せて食べます。






えのきとちくわと海苔のお浸し。


妹の好物なので作りました。すりゴマ+醤油のみの味付けですが、きのこの旨味で美味しくなります。





摂食人生の中で、いちばん逡巡した事は...


『治したいけど治したくない』


っていう、ハタからみたら理解し難いであろう、相反する気持ちでした。



この気持ち...


『治したい』ではなく『治そう!』と主体的に決意した後も


何度も何度も何度も現れ、寛解期の終盤に及んでも、なかなか完全には消えてくれませんでした。



多分、本当の私は治したいと思ってるし、このままじゃダメだって分かってる。


でも、依存してる私は治したくなくて、手放すのが惜しくて怖い。



過食嘔吐しているとき、体重増加が怖いとき、嫌な事があって心のモヤが晴れないとき、とにかく食べたくて仕方がないとき...


そんな時は、後者の自分が強く出る。


それはもう、理性や理屈は通用しないほどに。



ただ...過食嘔吐をしてしまった後


疲れた体、なくしたお金・時間・人間関係、何やってるんだろうという虚無感や罪悪感や孤独...


その度に、やっぱり治したい!という気持ちが込み上げて、苦しくなる。



自分で自分に


『一体どないしたいねん!!?!』


って、何度ツッコミを入れた事か



どうせ無理なら、開き直って『共存』を選んだ方が、いっそ楽になるんじゃないの?


いやいや、やっぱりこのまま過食嘔吐を抱えて生きて行くのはしんどいよ...


でも、たくさん食べたい!過食嘔吐を手放したら、こんなにジャンクな食べ物とは、一生サヨナラしなくちゃならなくなる


あーもう、どうしたいの?!分からない!!



ちなみに、克服した今となっては、過食で食べていたジャンクすぎる食べ物なんて、一切欲しません。


むしろ、なんで?あれがあんなに食べたかったの?よく食べてたな?...って謎です。


なので克服後の、ジャンクとのサヨナラに関しては、一切心配無用だったなーと思います。




何はともあれ


『治したいのに治したくない』...この気持ちを整理して、克服まで持って行くために私がして良かったと思うことはいくつかあります。


明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


サヨウナラ過活動な私

摂食障害
12 /10 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



妹もしばらく実家で過ごすことになりました。


夜は、姪っ子も入れて4人で布団を並べて寝る事に。


初めてということもあり、娘と姪っ子は興奮してなかなか寝ませんでしたが、なんとか就寝。


今夜は、もう少し慣れてくれると良いなぁ...




冷蔵庫の半端野菜で、かき揚げ。


さつまいも・人参・ピーマン・玉ねぎ・かぼちゃ。打ち粉と一緒に塩で下味を付けておきました。つなぎは、卵・小麦粉・水。


初めて揚げ焼きしてみたけど、具材もバラけないし、油のギトギト感も無くサクサクに仕上がりました。揚げ焼き、良いですね◎


姪っ子と娘のぶんは、揚げずにキンピラにしました。


 




鶏むね肉とキャベツのサラダ。


鶏むね肉・キャベツ・きゅうり・赤玉ねぎを、塩・醤油・酢・ごま油・すりゴマ・マヨネーズ・ヨーグルトで和えました。


小さい子も食べやすいように、キャベツときゅうりは塩もみして柔らかくしておき、赤玉ねぎもシッカリ水にさらしました。鶏肉も余熱を利用して柔らかく火を通しています。味付けも、サッパリと薄めにしました。






ふんわり卵の春雨スープ。


姪っ子が春雨大好きなんです。サラダに使った鶏肉の茹で汁を使っています。塩ベースの、シンプルで優しい味付け。





昨日までの続き...



過活動の理由は、ルーティン化していた食事内容を、安心かつ、空腹の状態で最大限に美味しく食べるためでした。


今は、忙しくてたくさん動く日もあれば、ダルくてほとんど動かない日もある。散歩したい気分の時は、買い物中に寄り道して少し遠回りする事もある。基本ナマケモノなので、筋トレとかランニングとかは、一切していません。


なので、お腹の空く日もあれば、空かない日もある。



もちろん、空腹の方がごはんは美味しいです。


ただ、お腹が特に空いてなくても、1日3食、欠食する事はありません。


食事内容は、その時のお腹の具合や、気分に合わせて自由に調整できるからです。



個人的に思うこと...


やっぱり、1日3食のリズムは、これからも大切にしていきたいです。


適度な空腹と、適度な満腹の繰り返し...体の調子が良いし、以前のように、食欲が爆発する事もないです。



過活動も、食事リズムの寛解と共に、少しずつ少しずつ軽減されていった感じでした。


過活動はシンドイし、時間も勿体ないし、やめたかった。でも、もし無理してイキナリやめていたら、心が苦しくなっていたと思います。


なので、過活動がシンドイ!やめたい!と思っても、始めは焦らずゆっくりと。


体と心と食事と...バランスをとりながら、無理のない流れで楽になって行けたら良いのかなぁと思います。




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


過活動のホントの理由

摂食障害
12 /09 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



最近、午前中にスーパー行って、帰りに娘と公園に寄るのがお決まりコース。


ツワリの時は、この公園で遊ぶ時間が本当にしんどくて...


楽しそうな娘を横目に、心の中は『早く帰りたい!』一心でしたが(娘よごめん)、やっと!私も楽しめるようになりました。


今は紅葉も綺麗だし、赤い紅葉や黄色いイチョウ、どんぐりや落ち葉のじゅうたんに癒される。


空気も冷んやりして、軽く首や肩をまわすと、めちゃくちゃ気持ち良いです。


寒いのは苦手だけど、冬の色や空気も好きだなぁ。





カレイの黒コショウ焼き。


黒コショウがピリッと効いて良い感じ。カレイも美味しかったけど、マグロとかブリのカマでやったらもっと美味しいと思いました。




大根葉のニンニク炒め。


昨日、畑から抜いてきた大根の葉っぱを使いました。ニンニク・ジャコ・ゴマ・塩・醤油・ごま油。ごはんのおともにもなります。




おから。


娘と母の好物なので、最近おから率高いです。人参・鶏肉・サツマイモ・玉ねぎ・ネギ・しいたけ・薄揚げ。牛乳を入れてしっとり炊いて、仕上げにごま油を入れます。




ミニうどん。


ワカメと天かすだけの、ズボラな汁物です。天かすって偉大、ホントに良い仕事してくれますよね。




昨日までの続き...



健康のため!節約のため!好きだから!


私は歩くよどこまでも~♪♪



と、当時は頑なに認めてませんでしたが


2時間近いウォーキング、腹筋1000回、ランニングマシン1時間  ...etc


今思えば、ザッツ過活動!な日常でした。



ただ、これ


私の場合、痩せるために...っていうのが最大の理由ではなかったんです。


もちろんそれもあったとは思うのですが、どちらかというと『食べるため!!!』に動きまくっていました。



当時は1日3食、いつ・どこで・何を・どれだけ食べるか、というルーティンが決まっていたので...


決まった量を安心して食べるために


定刻までにお腹を減らすために


最大限、美味しく味わう(空腹は最高のスパイス的な)ために


...要は、あれもこれも美味しくたくさん食べたいから、たくさん運動していた感が強いです。



今思えば、そのためにかける時間、なんて勿体ないんだろう?よくやるわ、疲れなかったのかな?って思うのですが


当時は『食べる』事への拘りが半端なく!


食事を軸に、生活も思考も回っていたんだと思います。



とはいえ、それが過活動だと自覚していなかったので


朝シッカリ食べたのに、お昼も普通に食べて、夜もふぉとさんと同じくらい食べて、間食まで出来るようになった!過食嘔吐も止まってる!


って、舞い上がってはいました。


吐く事はしていなくても、実際は故意に運動する事で、辻褄合わせをしていた訳で...


あの生活を続けながら克服に至る事は、私の場合、おそらく出来ていなかったと思います。



では、克服した今はどういう状況か?


明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


過活動とかじゃないってば!

摂食障害
12 /08 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)




おはようございます♪




エアコンを買いに行きました。




とりあえず、LDKと和室と寝室の3台。


空気清浄機能と省エネのを選んだので、けっこうな初期投資に...大事に使おう。


dポイントの還元がたくさんあったので、4台目(ふぉとさんの書斎)はポイントで買えそうです。




久しぶりに大きなモールに行ったのですが、昨日新装オープンした事もあり、お客さんが凄まじかった!


大きな100均とか雑貨屋さんもたくさん入ってて、ゆっくり見たい気持ちもありましたが


娘のお昼ごはんの時間もあるし、エアコンの手続きだけで時間かかっちゃったので、そそくさと退散...


小さい子がいると、ゆっくり選べるネットでポチポチが、私的には一番良いです。




お歳暮で頂いた、生牡蠣。


生食OKのようでしたが、食中毒が怖いし、10分弱くらい?とにかく長々と湯がきました。良い牡蠣だったので、ぜんぜん身が縮まなかった!


そして、私は妊娠中なので食べず。娘もまだ小さいのでやめておきました。本当は牡蠣フライにして食べるのが一番好きなんだけど...食中毒が恐怖。






豚と大根の味噌煮。


大好きな、冬のあったかメニュー。白味噌・生姜・和風だしで、甘めにこっくりと煮ます。


娘のぶんは、煮詰まる前に取り分けました。ごはんにかけたら、めちゃくちゃ気に入っておかわりしてました。






白菜と薄揚げの炊いたん。お出汁たっぷりで、あたたまります。なんか、甘くて柔らかい白菜をたっぷり食べたい気分でした。




ふぉとさんが娘をみていてくれたので、今日の大根・白菜・ネギは、畑に行って抜いてきました。なので、採れたてホヤホヤ冬野菜の贅沢。






今回は、今まであまり触れて来なかった、摂食障害の過活動について書きたいと思います。


当時は、あまり自覚していなかった...というか、認めてなかったけど


今思えば、あれは立派な過活動だったなぁと思います。




時期によって違ったけど、例えば...


1日腹筋1000回!(中学時代、部活の為と銘打ってた)


水中エクササイズ1日1時間!(これは大学時代、健康のため)


ランニングマシン1日1時間!(高校のマラソン大会でライバルに勝つため)


ウォーキング1日1時間半!(お産の体力づくりのため)


...etc




そう、当時は全て、過活動のせいだとは思っていませんでした。


人に異常だと言われようと、頑なに認めなかった。


健康のため、趣味のため、自分は好きだから動いてる、動かないとなんか不調~くらいに思っていたんです。




これを、たまにじゃなくて、毎日のルーティンとしてこなしていた訳で...


今考えたら、苦行の数々だ!(T▽T)




これ、何のためにやってたの?


普通に考えたら、故意にたくさん運動する理由って、痩せたいからだよね?って思いますよね


私も、もちろん痩せたい気持ちはあったのですが...実は、それ以上の理由があったんです。


摂食障害で過活動っていう話はよく耳にしますが、私と同じ理由で過活動の方っていらっしゃるのかな?


ちょっと気になりつつ、明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


克服して変わった事

摂食障害
12 /07 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



妊娠中期になり、初期のマイナートラブルのうち、胃のムカムカ・偏頭痛・不眠などは、ほとんどおさまってきました。


まだピクピクって感じだけど、胎動も感じられるようになり、お腹もかなり突き出してきて、産む実感もわいてきた。


ヘタレなので、1回目、あまりの産みの苦しみに仰天!だったので、今回も恐怖ですが、娘と赤ちゃんを想って頑張ろうと思います。




魚介とひよこ豆の濃厚トマトスープ。


具材が沈んでほとんど見えない...ニンニクと生姜を効かせて、パルメザンチーズをたっぷり振りました。ツワリ中はニンニクのニの字も見たくなかったけど、やっと抜け出したので1玉買いました。


シーフードミックス・ひよこ豆・ツナ缶・玉ねぎ・人参・ピーマン・マイタケ。あとは、母が夏に湯むきして冷凍していたトマト7個と、トマトジュース1本使いました。マカロニ入れるか迷ったけど、翌日のランチでリゾットにしようと思い、やめました。






サワラの味噌漬け。


トマトスープに何の関係もないですが...前に味噌漬けにして冷凍していたのを発掘したので焼いておきました。何気に娘が気に入ってました。






箸休めにレタスサラダ。家で作った感がすさまじい、とりとめなきサラダです。おしゃれサラダも良いけど、結局は、千切った野菜に、梅ドレやら胡麻ドレやらマヨネーズやら...ここに帰ってくる。





昨日までのまとめ...



色々ありますが、とりあえず!


今が元気で楽しければ、それで良し◎


そう思わないと、やってられません。



克服後は、頭もだいぶ柔らかくなったというか...


自分に対しても、周りに対しても、物事に対しても、まぁいっか!と思える事が多くなりました。



過食嘔吐していた頃は、仕事・恋愛・ブログ・写真・家事...何をしていても、なんだか常に後ろめたくて。


本当は、過食嘔吐じゃない自分だってちゃんといたのに、ひっくるめて『過食嘔吐から抜け出せない弱い自分』って


今思えば、過食嘔吐は症状なので、病気がさせていた事だったんですけどね...いつも自分の事ばかり責めてた。


自分の事が大嫌い!ちゃんと出来ている部分にすら自信を持てない。他人の意見に、逐一傷つく、怒る、比べる、悲しむ...



今はどうか?


もちろん、自分の事を完璧だとは思いません。


ただ、それで別に良いやん!と思ってます。



例えば、あれだけ取り憑かれたように気にしていた、体型にしても。


自分が良ければ、別に痩せてなくても良いやん。人からどう見えようと良いよ...感じ方なんて人それぞれなんだしね。


顔なんかもそう。ブス=ダメじゃない。スレンダーな美人が好きな人ばかりじゃない。まして、無理に痩せても(私は)心まで苦しくなって、もっとブスになるだけだった。



外見の事だけじゃなくて、仕事・家事・育児・夫婦・趣味...それぞれのやり方だって同じ。


人と比べる事なんてない。みんな違って当たり前なんだから。


自分とは違う意見に触れた時は、なるほど、そうか~!で良い。わざわざ否定する事もないし、比べて傷つく事もない。


そう思えるようになりました。




自分の大切な人が笑顔で


自分の事を理解してくれていたら


それ以上の事は望まなくて良い




そう思えたから


克服出来たのだと思います。


そして、摂食障害に関しては、今のところ何の不安もありません。




今回のシリーズ?読んで下さりありがとうございました。


とりあえず、新しい撮影部屋が出来るまでは、摂食障害の体験談を、ちょこまか書いて行こうと思います。


宜しければお付き合い下さい。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


克服後のモチベーション

摂食障害
12 /06 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



娘がこけて怪我をしました。



夕食のあと、寝室に暖房を付けに行って、数十秒と経たないうちに...ドスンて音がして、泣き声が。


うつ伏せのまま『テン!テン!』と床を叩いて怒りながら(机で頭を打った時とか私がいつも『悪い机やね、叩いとくね』とか言ってやっているので)倒れてました。


起こすと、下の歯と歯茎の間から血が出ていて驚き。グラグラとかはしてなかったけど、急いで外科に連れて行きました。



幸い、傷口は大した事ないとの事でしたが


もしかしたら、歯の神経が死んだりするかもしれないので、しばらく様子みて下さいとの事でした。


とりあえず、しばらくはお粥とか柔らかい物をあげようと思います。



こういう事があるたび、めちゃくちゃ後悔。


1分ぐらいの事だと油断して、目を離してしまった事。娘も一緒に連れて行けばよかった...


もうすぐ2人の育児をしなくちゃいけないのに。ちゃんと守らないといけないのに。本当に自己嫌悪。




いま一度、気を引き締めよう。



大好きな手作りコロッケ。


マッシュしたポテトに、ミンチと玉ねぎを炒めて、醤油と砂糖で甘辛く味付けしたものを合わせます。出来立ては熱々サックサク、中はホクホク&トロッとした感じでとても美味しいです。





ほうれん草の白和え。


我が家では、白味噌・すりゴマ・醤油・砂糖で味付けします。白味噌は絶対に外せません。






卵スープ。


何を隠そう、昨日使いそびれた、揚げそばのあんかけスープの素で味付け。





昨日までの続き...


(あくまでも私の場合です)



摂食障害は克服した


でも


過食嘔吐に依存していた感覚は、薄れはしても消えてはいない



じゃぁ、また戻る可能性もあるって事?


また痩せたいと思った時、食べる事で全てを忘れたいと思った時、食べ過ぎた自分を許せなくなった時


いつか過食嘔吐するかもしれない?



何のための寛解?戦い?


そんな状態なのに、不安じゃないの?


出口はあっても、終わりがなきゃ意味ないよ!



という考え方もあると思います。


私も克服前は、そうでした。



過食嘔吐に戻るのが不安だった。


いつかまた...例えば、子供の手が離れた時。


1人の時間や余裕が出来たら、自分はもしかしたらまた過食嘔吐するかもしれないって。



ただ、その不安の出所って、結局は自分の中にあって...


不安だ不安だと言いながら、心のどこかに『過食嘔吐したい』という気持ちがあったからだと思います。


過食嘔吐の事を、嫌いになり切れてなかったというか...過食嘔吐の症状はなくても、心と体はまだまだ寛解途中で、過食嘔吐に依存していたんです。



克服したと思える今は、1人の時間が出来たら、やりたい事が山積み。


過食嘔吐なんてしている場合じゃない!


もちろん、そんなに有意義な事ばかりじゃないですよ。ぐぅたらしたいとか、遊びたいとか、そういう事もひっくるめてです。



完治があるとか、無いとか


難しい事は分からないけど


そんなの考えても仕方ない



私の中で、それはほんの小さな事です。


克服後の今を、1日1日楽しんで生きる。


それだけで良いって思っています。



明日はまとめに入ります...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


摂食障害に完治はあるのか

おやつ
12 /05 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



インフルエンザの予防接種をしました。


産院で受けたので、打つ前に赤ちゃんの心音の確認などもして貰えました。


副反応もなく、良かったです。



娘も受けようと思っていたのですが


かかりつけの小児科で聞いたら『まだ小さく抗体が出来にくいので、周りの大人が打って守ってあげた方が良いと思います』との方針でした。


まだ幼稚園にも通ってないし、出かけるとしても近所の公園ぐらいなので、今年は受けないでおこうと思います。



揚げそば。母が特売の揚げそばを見つけて買って来ました。久しぶりに食べましたが、いつも餡掛けを作った後に揚げそばの袋を開けたところで、餡掛けスープの素が入ってる事に気付く...




ナスの煮浸し。油通しすると美味しいけど、面倒なので、いつも炒め煮です。おだしは甘めに作るのが好き。




豆腐とワカメとネギのお味噌汁。何だか年季の入ったお椀に入れてしまいました。実家感...


 


あとは、昨日の残りの鶏団子やら、ハムマヨを適当に食べました。


ツワリが明けてから、なぜかハムマヨでごはん食べるのにハマってます。あと、梅干しごはんも。


ごはん・ポテチ・酸っぱいグミ・梅干し・チーズ・お肉が美味しすぎて困る...娘の時は甘い物が欲しくなったけど、今回はガッツリした物や酸味のある物が無性に食べたい感じ。



昨日までの続き...


(これから書くのは、あくまでも私の中での気持ちです)



依存症は、記憶と同じ


二度と消える事はないし、決して元通りにはならない


薬物依存やアルコール依存と同様、回復はしても完治はない



↑このような言葉、よく耳にします。(できれば耳にしたくないけど)


私は克服をうたっています


が!


こういった言葉、正直否定は出来ません。



克服し、困難を乗り越えた事は確かです。


摂食障害なんて大嫌い、あんな苦しい世界には二度と戻りたくない、克服後の暮らしはなんて素晴らしいんだろう...


という、揺るぎない想いもあります。



ただ


14年ものあいだ繰り返した過食嘔吐


その依存の事実が、まさしく『記憶』のように、脳の奥底にこびり付いている感覚も


認めざるを得ません。



なので、何かの拍子に再び奈落の底へ...


なんて事も『絶対に無い!』とは言い切れないのも事実です。


それもあって、現在の状況を表す際は『完治』ではなく『克服』という表現を使っています。



え?!アンタまじか?!!


これまで散々、寛解期について語ってきたクセに!!!


一体何なん?!何やったん?!?!



って感じもしますよね。


確かに、こう言ってしまっては、無駄な努力って思われても仕方ないかもしれません。


ただ、綺麗事は書きたくないので、正直な気持ちを書いています。



それに!!


私とて、ずっと苦しんできた病気をせっかく克服したのですから、みすみす舞い戻るつもりはありません。


完治ではないにしろ、気持ちの落とし所はちゃんとあります。


そして、絶対!とは言い切れないにしろ、今のところ不安もありません。



その辺のところ、明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。