FC2ブログ

摂食障害が終わる時

摂食障害
10 /13 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



朝はピンピンしていた娘。


昼前からグズり始め、クシャミと鼻水が...


昼過ぎには妙に甘えてきて...ん?なんか熱い?!



台風のなか、発熱。



先日、一緒に遊んだ姪っ子が帰ってから急に発熱したらしく、もしかしたら移ったのかもしれません。


心配だけど、月曜まで小児科も休みだし、ゆっくり様子みようと思います。


姪っ子は1日で解熱したらしいので、娘も早く元気になると良いなぁ。



そんな訳で、今日は娘が寝ている間に料理。


アジと大葉のちらし寿司。





これ、美味しくて何度も作ってます。お米3合(酢は大さじ6・砂糖は大さじ3・塩は小さじ1.5...今日は基本の比率で)。酢飯には、ほぐしたアジ4尾・大葉15枚・黒ごま・炒りごま・生姜もたっぷり...何やら色々混ぜ込んでいます。


実家の家族にも好評でした◎






あとは、ホックホクの五目豆。






大豆・人参・ゴボウ・さつまいも・コンニャク。さつまいも煮崩れちゃったけど、それがまた甘くて好き。






昨日、娘がスーパーで齧っちゃったアボカドも、ぶじサラダに相成りました。


ちょうど良い熟れ具合のを選んでくれてて助かった...








昨日までの続き...


(あくまでも私の場合です)




摂食障害に、突然なった人っていないんじゃないかなぁと思っています。


その前段階として、痩せ思考があったり、ダイエットしてたり、どこか生きづらい性質や環境があったり


例えば、過食嘔吐という症状が始まったのは、いつだったな~ってのは覚えていたとしても...


お茶碗のごはんをひと口残した...隣の駅まで歩く事にした...痩せてあの子みたいになりたいと思った...その時の事って曖昧だけど、もしかしたら、そんな小さな事の1つ1つが、自分にとっては始まりだったのかもしれないなって。


何となく、無意識に、ゆるやかに...危険への別れ道に分け入って行ったんだと思う。




過食嘔吐もそう。


始めから、死ぬほど詰め込んで、全部嘔吐していた人なんていないんじゃないかな。


最後も同じ。イキナリなくなるなんて事は(私は)無かった。吐かない過食をして、量が減って、回数も減って、徐々に憑き物が落ちて行った感じ。




気持ちも、急には付いていかない。


『過食しても吐かない』という最終コーナーを曲がっても尚、明日から治せる訳じゃなくて


嘔吐しなくなってからも、心はまだ過食嘔吐に依存していて、またいつか...って不安で


でも、ゆるやかにゆるやかに、そんな気持ちも薄らいでいきました。




気づけば、お茶碗いっぱいのごはんを食べてた


気づけば、1日中のんびりとテレビをみていた


不細工なりに、ブサカワ目指して楽しく生きようと思えた




小さな変化が1つずつ折り重なって


気づけば、もう1年以上『過食したい嘔吐したい』なんて思ってないな


...みたいな




終わりもまた、曖昧なものでした。




なので、いつ克服した?と聞かれても


分かりません。




でも、間違いなく言える事は


今は、克服しました。




どうしてそう思えるの?


克服ってどんな状態なの?


...明日に続きます。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。