FC2ブログ

摂食障害の克服とは

摂食障害
10 /14 2019


スポンサードリンク




(※現在、ごはんブログはお休み中です。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる不定期更新中)  




⁂  ⁂  ⁂




台風の被害にあわれた皆様、本当に恐ろしく、大変な思いで過ごされている事と思います。


ご家族の皆さんもご無事でしょうか?


どうか1日も早く、平穏な日常が戻りますように。


謹んでお見舞い申し上げます。




⁂  ⁂  ⁂




おはようございます♪




娘の熱は、一晩寝たらさがりました。


症状的に、姪っ子の風邪と同じかな。


季節の変わり目、急に寒くなったし、気をつけないとなぁ。




私も、またまた偏頭痛な1日でした。


今回のツワリ、ムカムカは前回よりマシだけど、3日置きに頭痛くなる...


打ちのめされてます(T▽T)




とはいえ、鬱々してると余計に痛い痛い痛い↓ってなってしまうので


ゴロゴロしつつも、娘の散歩と料理だけはしました。


いつも本気の偏頭痛になると完全ダウンしちゃうけど、今はまだ、何かしてた方が気がまぎれるレベルです。




今日はアサリとベーコンのグラタン。


寒くなってきたし、グラタン良いよね。






ベーコンは塊を買って、厚めにカットします◎カリカリベーコンを作成。






そこにアサリをドサッと。






ベーコンとアサリをいったん取り出したら、たっぷりバターで野菜を炒めて...






薄力粉と牛乳でホワイトソースに。今日の味付けは、塩コショウと麺つゆ。(サラッとしたソースにするつもりが、ちょっと薄力粉入れ過ぎた)






ベーコンとアサリ、茹でたマカロニとジャガイモを投入。(私はここでちょっと水を入れて、濃厚さを調節します。ミルクだけだとちょっと重たいお年頃...)






チーズとパン粉を乗せたらオーブンへ。


あつあつのクリームに、とろとろのチーズ、カリカリのパン粉が美味しい。ベーコンの旨味とアサリのダシも良い感じです。


寒い夜に、ぜひ◎






昨日までの続き...


(あくまでも私の場合です)




私の摂食障害...


始まりも曖昧なら終わりも曖昧でした。




ただ現在は『克服した』って思えています。


摂食障害は麻薬と同じなんじゃないか?一度ハマったら、またいつか繰り返すんじゃないか?...そういう心配をしていた時もありました。


でも今は、そんな事ないなって確信しています。




なぜなら、摂食障害が大嫌いだから。


二度と戻りたくないから。


ゼロ100で、今の方が良いから。




頼まれたって、戻らない


1億円くれても、断る




摂食障害のない世界は、何物にもかえがたいほど、ありがたいから。


自分らしく、やりたい事が出来る


1日1日が、ありがたいから。




そう思えるようになったから


私は克服したって言っています。




自分でも意外だけど


好きな物を好きな時に好きなだけ食べられるようになったから...とか


痩せてないけど幸せって思えてるよ...とかじゃないの。




食べたからどうこうとか


痩せたから太ったからどうこうとか


そういう事から解放された状態




食べる事について考える事は、前よりとても少なくなりました。


もちろん、食べる事は大好きです。


だって人間だもん。




ただ今は、それ以上に、料理とかコーディネートとか写真とかに興味があるかな。


もともと写真をしてて、技術とかはまだまだだけど、一応下積みもして、光は見えるようになった。(写真は光だと恩師に教わりました。写真の上手い人は、光を撮るのが上手い人って)


今は諸事情でブログ停滞中ですが、落ち着いたら、撮影環境を整えて、もっと楽しいブログにしていきたいなぁと思っています。(自己満ですが、ただの)


そんな風に、余裕が持てるようになったのも、克服したおかげだと思っています。




長くなりましたが、明日の記事をまとめにしていったん終わりにしたいと思います。


とはいえ、お家ごはんブログ再開までは、この機会に摂食障害について書きたいと思うので、宜しければお付き合い下さい。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。