FC2ブログ

許可食という名の

お出かけ
07 /15 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



地元では、大きなお祭りの期間。


街中ではお囃子のBGMが鳴り響き、電車に乗れば人でいっぱい。


例年のお祭りは、もっと暑い気がするのですが、今のところ涼やかです。



お祭りといえば、ハモ。昔は『鱧祭』とも言われるほどだったとか。


関東ではあんまり馴染みがないって聞いたのですが、本当ですか?


私はハモのおとしに梅肉を付けて食べるのが一番好きです。今日は違うけど...



『ハモの押し寿司』


スーパーの魚売り場にも、ハモがたくさん並びます。たいてい骨切りしてあるので有り難い。



旬のハモで、夏のおもてなしにもピッタリのレシピです☆


100均の押し型で簡単に作りました...ダイソーさまさま。数日前に作った新生姜のべっこう煮もあったので、添えてみた。


宜しければ  レシピはこちらから♪




あとは、だし巻き卵。


大葉も巻き込んでみました。だいぶ片寄ってしまったけど...


卵のパックを開けてビックリ!2個割れてました。帰りに割れたと思われます。ママチャリ乗り始めて以来、割れる率高め...気をつけよう。




キュウリと山芋の酢の物。


娘が気に入ってました。ハモ寿司はまだ食べられないけど、だし巻き卵も気に入ったもよう。




にゅう麺。


買ったハモに頭と骨も付いてたので、ハモだしのお吸物にしました。良いだし...


娘も素麺デビュー。これまで、麺の食べさせ方に迷って刻んでましたが、小さなフォークで巻いてあげたら、難なくクリア。気付くの遅いよな...




お祭りが最も盛り上がるのは、明日から。


ただ、めちゃくちゃ混み合うし、ベビーカー押すのも大変そうなので、今日見に行きました。



これを見ると、いよいよ夏って感じ。


ふぉとさんに『高校ん時とか、一度で良いから彼氏と行ってみたかったわー、メッチャ行ってみたかったわー!』と言ったら『そやんなー、やり直したいわー』と。


浴衣着て、手ぇ繋いでる友達...すれ違うんだよな~、羨ましかったな~...



悲しくなってきたところで、小休憩。


小雨がパラついてきたので露店は厳しいし、人気のカフェはどこも混んでて入りづらく...子連れに優しいマックカフェで雨宿りしました。


私は、コーヒーフローズンにホイップが乗ってるやつ。ふぉとさんはチョコフローズン。




夕飯前だったけど、食べたい物を食べる。


躊躇は無用です。


なぜなら、もしこれでお腹が膨れたとしても、夕飯が進まなくなるだけだから。



前は、朝昼夕それぞれに、許可食...カロリーベースで許せる食事という物がありました。


許可食こそ一番の癒しなのに、それまでに◯◯カロリー摂ったら、残り◯◯カロリーになっちゃう!そんなの悲しい!


だから、許可食以外は無駄なカロリー。1口たりとも排除したかったのです。



私の場合、許可食...


という名の、強制食でした。



極限の空腹状態で迎えなければならない


それ以外は食べてはならない


全て食べ切らなければならない


雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ...文字通り、大雪のなか長靴はいて、許可食求めて1時間以上歩いた事もありました。(バス、止まってたんで)



おまけに、私の許可食は某カフェチェーンのフードとドリンクで...1日2回の時期もあり。


そのためにバイトしてますか?!という状況。


欲しいもの買えないし、遊びにも行けないし...ホント、そういう意味では苦行でしかないですね。



とにかく、私にとっての許可食タイムは、自分を許せる癒しの時間であると同時に


多くの自由を奪う物でもありました。


ゆる~く楽しむという事が出来ず、許可食に縛られていたんですね。


許可食はあって良い物だと思うけど、私のようになってしまっては、まさしく本末転倒です。




食べる事も食べない事も


いつどこで誰と何を食べても食べなくても...


全部気にならなくなった時、私の中から『許可食』は消えていました。




昔、あれほど毎日食べていた物


気付けば2年近く食べていません。


ホントは好きじゃなかったのか?疑惑。




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。