FC2ブログ

1人で生きよう

摂食障害
11 /01 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



最近、これしか言ってないけど...


頭いたいーーー(T▽T)


最近、毎日になってきた...痛くて痛くてずっと寝てたいけど、そうも行かず。


音と光が、特にツライです。



料理も手抜き!うっどーん!



ゆで卵ゆでて...(1つ爆発)



残りの黒枝豆も茹でて...(大量すぎて、飽きたし、半分は冷凍しました)



ナスとキュウリの浅漬け作って、ダウン。



明日は両親の結婚記念日で、久しぶりに宅配ピザ頼むかも。楽しみだけど、頭痛が治ってると良いな。頭イタイと、ツワリに輪を掛けて食欲なくなります...



昨日までの続き...



当時の私は、今よりもっと、融通の効かない極端な性格でした。


元彼はもう戻らない、誰も彼も去って行った、過食嘔吐も治らないし、もう恋もしないんだろうな...



よし!1人で生きて行こう!


生きて行かなきゃ!


周りは結婚して育児して...幸せそうだし羨ましくもある。でも、平凡そう。


私は、皆とは違う仕事をして、刺激のある充実した人生を歩いて行くんだ!!


ちゃんと稼げるカメラマンになろう!



いや待て、気持ちは分かる。でも、あの頃の自分に会えるなら...


全力で止めたいわー(T▽T)


1人で生きるつもりなら、再就職&正社員目指すやろー!カメラなんて、もし成功できたとしても不安定すぎる...



ただ、当時の私は暴走していた。


カメラマンの中でも大博打であろう、芸能系のカメラマンになる道へ...


写真学校を出た後、タレントやモデルを撮影するスタジオに就職しました。



スタジオは、ほんっとーにハードで辛い事も多かったけど、毎日、有名なタレントやカメラマンがやって来て、夢のように華やかな世界が目の前にあって、仲間との生活も楽しかった。


生活は超不規則。2日寝ずっていうシフトもあったし、24時過ぎに終わったと思ったら、そのまま朝の5時出勤とか。


休日は休日で、お小遣い稼ぎ。舞台や若いタレントさんの宣材写真を撮る仕事を入れたりしていました。



しかも!私には...


その合間を縫って過食嘔吐するという使命があったのです。


カメラの事、もっと頑張りたい!勉強したい!たくさん撮りたい!色んな機材を揃えたい!クライアントとの親睦も深めたい!


でも、出来ない。過食嘔吐に力を吸い取られて、体と心が付いていかない。ただでさえヘタレなのに、100%の力を出し切れない。



許可食は、出勤前のおでんと、休憩時間に食べるサンドイッチ1つ。


周りはみんな不規則な生活をしているので、いつ何を食べようと、特に怪しまれる事はありませんでした。


ただ、不意にロケ弁が出たり、タレントさん含めて皆で食べる休憩みたいなのがあって...もちろん残したり断れない。それに、忙しすぎて過食後の浄化も適当。


過食嘔吐ざんまいのクセに、めちゃくちゃ太ってました。



案の定、私生活は破綻していた。


家は、過食嘔吐して洗濯して寝るだけの場所。あっという間に、ゴミ屋敷になった。郵便受けを見る気力すらなかった。


仕事以外は、お化けのような生活。自分で自分が恐ろしかった。



ただ、彼と別れた頃と変わったのは


ちゃんとしてる、頑張ってる、充実してる自分もいた。


仕事の時、カメラで繋がった仲間といる時、写真に没頭している時...過食嘔吐に奪われながらではあったけど、限られた時間や余裕の中で、『私』も保っていた。



1人で生きて行く


摂食障害でも、自立して自分らしく


やりたい事をやって



ただ、やっぱりとても孤独だった。


SNSで、幸せいっぱいの友達の投稿を見るのが一番辛かった。


心も体も苦しかった。



寂しい


これ以上、辛い事ってあるのかな



仕事は楽しい、でも...


帰ったら一人きり。買い物して、食べて、吐いて、眠って...目が覚めたら、また買い物して、食べて、吐いて...我に帰って仕事に行く


それだけ。



自分の未来を保証できるものが、何も無い


スタジオに勤めて、2年が経とうとしていました


私はとても疲れていたんだと思います。



明日に続く...




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ




関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。