FC2ブログ

らしいプロポーズ(でもないか)

摂食障害
11 /04 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



頭痛くない1日でした~、爽快◎


朝から娘とイオン行って、ぶらぶら出来て楽しかった。午後もスーパー行ったり、畑にネギ抜きに行ったり。


胃のムカムカや倦怠感はだいぶ治ってきたので、頭痛くないとサクサク動けます。



一昨日、産院で貰った漢方が合ってたのかな。


呉茱萸湯(ゴシュユトウ)っていうやつ。これまで、色んな漢方飲んでもダメだったのに。調べてみたら、偏頭痛に有効な漢方らしい。


ただ、凄まじく苦いです(T▽T)



今日は大好物のおからを炊きました。


カボチャとサツマイモの甘いおから。鶏肉・薄揚げ・しいたけ・人参・ネギも入れました。ミルク入りでしっとり。


今日は好みの味に仕上がって満足。娘も母もたくさん食べてくれました◎




後は、茹でただけのすぐき菜。


うちの畑のすぐき菜は終わっちゃったので、これは貰ったやつ。味は、クセのないショリショリのほうれん草みたいな感じです。私は青じそドレッシングかけて食べました。醤油・ポン酢・マヨでも合います。





祖母が買ってきた、出来合い。


焼き鳥と、唐揚げの柚子風味甘酢和え。スーパーのお惣菜も、たまに食べると美味しいよね。






コーンとかき卵のとろとろ中華スープ。


youtubeで、OLさんの静かな日常...みたいな動画にハマってて...これを作ってるのを見て、無性に飲みたくなりました。


私が成し得なかった、仕事も自炊もちゃんとしているOLさん達。摂食障害の頃に見ていたら、食事や暮らしのヒントやお手本になっていたかもなぁ。(案の定、大食い動画ばっかり見てました)





昨日までの続き...


(ふぉとさんと結婚するまでのアレコレは、これまでにも何回か書いてきた気がするので、ちょっと省略しちゃいます。)



初めて会った後、ふぉとさんは『また会おう』と言ってくれました。


私は、ただ写真の話をするのが面白いからなんだろうな~って思っていたけど


ふぉとさん的に、なぜかもう結婚するつもりだったらしい。



確かに、ふぉとさんといるとドキドキはしないけど、安心感?というか、兄弟と過ごしているみたいにリラックス出来ました。


多分、向こうも『惚れた』とかじゃなくて、なんとなく『ずっと一緒にいられる人』って感じがしていたんだと思います。


で、気の早い事に、三度目に会った日、私達は結婚する事にしました。プロポーズのプの字もなく、会話の流れで、自然に。



当時の暮らしに疲れ果てていた私


タイミング的に、逃げ出したかった...逃げる理由が欲しかったのかもしれません。


写真で自立する事は諦めて、ふぉとさんと結婚して、地元で心静かに暮らそうと思いました。その方が、摂食障害とも落ち着いて向き合える気がした。



摂食障害の事は、言うかどうか迷いました。


結婚の話になった時、本当にぼんやりと、自分はちょっと訳あり物件なんだけど...みたいな話はしました。


ふぉとさんは『誰にでも言えない事の1つや2つはある。俺にだってある。別に言わんでもエエ』と言いました。


それ以降、私がカミングアウトするまで、ふぉとさんの方から何か聞いて来る事は一切ありませんでした。


老成しているのか、気を遣っているのか、単に興味が無いのか...今でもよく分からない。とにかく、つかみ所のない、何となく憎めない、気ままで飄々とした人です。




ふぉとさんとの結婚が決まり、スタジオに辞表を出して、地元に帰るまでの約4ヶ月...


これまでのように、孤独で途方にくれる事は無くなったけど、過食嘔吐は相変わらずしていました。


理由は、地元に帰ったら...結婚したら...もう出来なくなるから。いや、出来るはずないから。これが最後だから、今のうちに...




はい、どうしようもない奴です。


結局、何だかんだ、とどのつまり


何しかこじつけて、過食嘔吐をしていたいんですよね。




忙しければ、忙しいせいにする


暇だったら、暇なせいにする


寂しければ、寂しいせいにする


何もなくても、何かのせいにする




~たら、~れば


いつか治るはず




自分は変わろうとしない


だから、変わらない




タラレバな結婚生活が始まります


明日に続く...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。