FC2ブログ

初めてのお産

摂食障害
11 /19 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



良い事、悪い事


最近、ホントに色々な事が起きます。


頭の中がこんがらがる!




色んな人もいる。


でも、無い事を嘆くより、有る事に感謝して生きてる人って、見ていて素敵だなぁと思う。


自分で自分を『哀れだ』『不幸せだ』『ダメな奴』って思っちゃったら、それまでだ。


自分の道は、きっと自分で彩っていく物なんだろう。




とりあえず、まずは


元気な心と体が資本ですね。




今日は、妹と姪っ子が実家泊。


色々話せて、気持ちが紛れました。


娘も、ケンカしつつ楽しそうに遊んでました。



母が百貨店へお歳暮を送りに行ったついでに、551の蓬莱で、豚まんと甘酢団子を買って来てくれました。これ、甘辛くて野菜の食感もあって、ほんとに美味しいんです。肉まんは明日のお昼に食べようっと。


あとは、ミニサイズの鮭のホイル焼き。




あとは、ジャガイモとベーコンのバター醤油炒め。カレー味にしてみました。ジャガイモ大好き、ホクホクして美味しい。



あとは、白菜とベーコンのスープも作りましたが写真忘れ。それと、昨日のミートソースの残りをごはんに乗せて、粉チーズとタバスコかけて食べました。ミラノドリアの味がした...




昨日までの続き...



ついに娘が産まれました。


明け方に破水して、そのまま病院へ。昼頃から陣痛が強くなり、痛過ぎてお昼ごはんは、喉を通りませんでした。


お産は全てが想像の範疇を超えていて...特にヘタレの私にとって、あまりの痛みにビックリしました。


が、何とか21時過ぎに娘と対面。



予定日の3ヶ月前まで、過食嘔吐を止められなかった自分。


正直、嬉しい気持ちよりも、娘は無事か?どこか潰れてるんじゃないか?指は5本付いてるか?


...など、不安の方が大きかったです。




お産の最中も、罪悪感と不安の中息んでる感じで...


心も体も、100%の状態で頑張れたかと聞かれたら、どこかに迷いというか、こんな私が...みたいな気持ちがありました。


今思えば、この期に及んで、そんな気持ちでいる方が、娘に対して失礼ですよね。


そんな心構えのせいか、だんだん陣痛が弱まって息めなくなり、娘の心拍が下がってしまい、最後は吸引分娩で先生が引っ張り出しました。


そんな事も含めて、摂食障害を思うように寛解出来なかった事で残っている悔いがたくさんあります。




出産話はこれぐらいにして...


産後は、慣れない育児でもちろんドタバタ。


これまでのように、凝った朝食を優雅に食べたり、カフェでまったり...なんて、あれは幻だったのか?!と思うような日々が始まりました。




ただ!それでも!


食への飽くなき拘りは健在で...


産後でも出来る、新たな拘りを作り出し、とことん拘る事にしました。




明日に続きます...





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

今まさに食べることをし始めて、
さっちゃんのママさんが出産前に食べていた量よりはるかに多い量を食べてます。
それでも食べたいが収まらず、
夜中でもご飯を2杯食べたり炊飯器いっぱいに焼いた蒸しパンを平らげたり、、、それでもその都度怖くなります。

食べるもの、量、時間、いろんな食べるものの拘り、怖くなくなるのは、
今みたいに怖いながらも食べ続けたら、減ってくるんですかね?
それともこの怖い気持ち、どこかに太りたくない気持ちがある限り自由にはなれないのかな?
求めてるのは家族の幸せや、自分の穏やかな時間なのに、いつまでも痩せにしがみつく自分が情けないです。

(お名前分からず)さんへ

コメントありがとうございます☆

私も吐かない過食をした後は、とても怖かったし、苦しかったです。

食べ始めた当初は、これまで禁止してきた甘い物や脂っこいものばかり、大量に食べたい欲求が強かったです。
そして、食事をシッカリ食べたにも関わらず、お菓子をたくさん食べてしまって後悔したり、、

ただ私の場合、食べる物・量・時間への拘りが薄れ、体の声に従って食べられるようになり、摂食障害になる前の体重に戻ったら、爆発的に食べたいと思う事も自然と減っていきました。
今は『たくさん食べたい!』って思う事は、特にないです。

寛解期は辛い事も多いですが、克服後は本当に楽になりますよv-410

先ほどコメントへのお返事ありがとうございます。名乗るのをすっかり忘れていました。
gomaです。

さっちゃんのママさん、いつも丁寧なブログありがとうございます。克服過程は人によると思いつつも、とても参考にさせてもらってます。
だんだんと食べるこだわりが自由になってきたのは、こわさもなくなってきましたか?(これから書かれる予定ならお返事不要です!)
三食食べて、おやつも食べて、怖い食べ物(パンお菓子ケーキ揚げ物)はあっても、
むしろ過食につながらないように、意識的に食べるようにはしているのですが、
それでも心のどこかで我慢をしているのと、食べた後の不安感があるので、食べ過ぎた後は苦しい気持ちでいっぱいになります。

辛い克服過程を、旦那さんには吐き出さずに克服されたさっちゃんのママは本当に凄いと思います。

治りたい治りたいと思っているのに、まだ根強く居座る太りたくない気持ち。もう私にはいらないはずなのに、プライドが邪魔です。
長々とすいませんでした。明日の更新も楽しみにしています。

gomaさんへ

gomaさんかなぁと思いつつv-398

これも私の場合なのですが...
もちろん、たくさん食べたい気持ちを満たせるようになる事は、克服における大切なポイントだと思います。
ただ、その次の段階として、怖いと思うほどたくさん食べたくならない...というか、食欲が落ち着いて、そんなに食べられなくなる事も、1つのステップだと思っています。

1日に菓子パン3〜4個、夜中にあんこ1缶、私も経験あります。
gomaさんのブログを拝見する限り、怖い気持ちに打ち勝って、食べたいを満たしておられるように見えますよ☆
本当にすごいなぁ、えらいなぁと、いつも元気頂いてます!
ご自身の中では、まだ我慢があるのかもしれませんが、心と体のバランスをとりつつ、辛くならない程度にゆっくり増やして行けたら良いのではないでしょうかv-410

私も、なかなか太りたくない気持ちは消えなかったので、体と心と相談して、それぞれのペースを意識していたように思います。
とことん食べて体は満たされても、食事の度に心が辛くなってたら、結局続かないかなって。
気長に気長に、気づけば今って感じですv-354

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。