FC2ブログ

食べたい物が分からない

摂食障害
12 /01 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



娘が朝ごはんの後に嘔吐。


特に苦しそうでもなく、カポっと出た?感じ。その後も機嫌良く、お腹下したりもなく...お昼ごはんも普通に食べました。


たまにそういう事もあるので、様子をみていたら...夜ごはんの途中にも嘔吐。



これはオカシイかも!と、慌てて小児科へ行って来ました。


ノロだったらどうしようと心配でしたが、診察の結果、ウイルスが原因じゃなかった。


『ちょっとお腹にガスが溜まってるかも』と、整腸剤と吐き気止めで様子をみる事になりました。



翌朝からは機嫌も良く、お昼寝もたっぷりして、嘔吐もなかったので、とりあえず良かった。


このまま元気になってくれると良いなぁ。




翌日の昼に妹夫婦が来る予定だったので、カレーを大量に作っておきました。


やっぱりカレーも牛肉が一番好き。そんでもってジャガイモもどんだけ好きやねん...入れ過ぎですよね。





カレーには、キャベツの千切りを付け合わせたくなります。






かぼちゃのお味噌汁。薄揚げと玉ねぎ入り。お味噌汁のかぼちゃは、わざと煮崩して、甘みを溶かし込むのが好きです。見映え悪くなるけど...


娘の夜ごはんは、かぼちゃと玉ねぎのミルク粥にしました。湯むきしたトマトも用意したけど、いつもは好きなのに食べず。明日いっぱいぐらいは、お腹に優しそうな別メニューにしようと思います。





摂食障害の続き...



野菜やコンニャクでお腹をパンパンにしないと不安...


これは、寛解期の後期まで続きました。


食事のたびにお腹は苦しいし、なのに何となく満たされないし、お金も手間も時間も無駄だし...



何事も適量が一番!


心地よく、幸せを感じながらご馳走さましたい!


野菜の爆食い、コンニャクでのカサ増し、糖質ゼロ麺の投入、汁物やコーヒーをたくさん飲むクセ...何とか改善したいと思うようになりました。




そう思った頃には、痩せへの執着はだいぶ薄れて来ていて...


それより、今後の人生、摂食障害をちゃんと克服して生きて行きたい!という思いの方が強かったです。


なのでとりあえず、お腹をパンパンにしないと不安っていう気持ちは認めて...


同じパンパンにするにしても、低カロリーな食材ではなく『本当に食べたい物』を食べてみよう!と思いました。




いやはや、初めは勇気が要りました。


そんな事したら、食事のたび腹パンになるまで、どえらいカロリーを摂取する事になるんじゃないか...いや、なるよね!?って。




それに、いざ『本当に食べたい物』を食べる段になっても、何が食べたいのかよく分からなかった。


それまで『私は野菜大好き人間』『コンニャクの食感たまらんわ~』『コーヒーこそ癒し』って、自分で自分を洗脳してきたから...


『お肉や揚げ物は胃もたれする』『甘い物は苦手』『牛乳やジュースは嫌い』って、怖いもの=苦手だと思い込ませて、排除して来たから。




例えば...じゃん!昨日食べたおでん。


当時の私にとっては、超難問!






さぁ私よ...


大好きなおでんを目の前にして


どう紐解く?!??




明日に続きます...






それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。