FC2ブログ

克服目前なのに悶々

摂食障害
12 /03 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



金曜日に嘔吐した娘


昨日、ふぉとさんが来てくれたおかげか、やっと本来の元気を取り戻して来ました。


しかもふぉとさん!大きな苺を2パック買って現れた!ふぉとさんが、女の子に苺をプレゼントするなんて!!(少なくとも私には一度もない!)


娘の事、心配だったんだろうな。パパになると変わるんだなぁ...



ここ2~3日は食欲なくて、お粥やうどんとアッサリメニューだったせいか、お腹も空いてきた模様。


昼ごはんを待たずして、『おみかん!かき!なっとぅー!アンパンマン!(アンパンマンせんべいの事)』と、思い付く限りの食べ物を言いながら泣き始め...


いつもは、何とかなだめて誤魔化すのですが、かわいそうになり、もうごはん前だったけど、柿を少しあげました。


それでも、お昼もちゃんと食べてくれたので良かったです。



念のため、お昼と夜のお米はお粥にしておきました。


お昼は、ほうれん草と人参とジャコのたまご粥。夜は、タラと人参とトマトのリゾットと、ほうれん草と豆腐の白和え。


何気に、いつものごはんより嬉しそうに食べるっていう...気に入ったなら、しばらくはお粥炊いてあげても良いのかも。




大人はカレーうどん。


妹夫婦やふぉとさんも来ると張り切りすぎて、一昨日、作り過ぎました(10人前のルー1箱使ったし)。


冷蔵庫はカレーでパンパン!カレー好きだけど、朝に昼に夜に...ずっと食べててさすがに飽きました。これ、カレーする度に言ってますね...つい作り過ぎるのはどうしてなんだろう?






赤軸水菜のおひたし。


赤軸ほうれん草はたまに見るけど、赤軸水菜は初めて見ました。ショリショリして少し辛味があって...水菜とか菊菜とか大好きです。





昨日までの続き...



食べたい物を、食べたい時に、心地良く食べる。


それと同時に、食べたくない物や、食べたくない時は、無理に食べない。


寛解後期に及んでも、これがなかなか難しくて...



例えば、カロリーの高い、お肉やお米やお菓子はココまで!って、自分の中で決まっていて


それ以上はセーブする


と同時に、特に欲してない日でも、そのラインまではルーティンとして食べる。



低カロリーの食材は安心で、お腹いっぱい食べても大丈夫だから


食べたい、食べたくないに関わらず、毎食たくさん食べる。


食事のたびに、なんか疲れる、どことなく物足りない、何かが不自然。



本当に食べたい物は何なのか?


普通に食べるって何なのか?


野菜が好き、お肉がヘビーって感覚は間違ってるのか?


3食プラスおやつ...だいたいの時間が決まってちゃいけないのか?


適量って何なのか?


たくさんのカロリーを摂る事が正解なのか?


過食嘔吐に逆戻りする不安は、もっと体重を増やせば無くなるのか?


どうしてこんなに、食べたいのか?


摂食障害になる前の体重には戻ったけど、それより太りたくないって思う気持ちは、女性として自然なんじゃないのか?



もうね、色々考え始めたらキリがなくて...



まぁそれでも、つべこべ言いつつ、少しずつ少しずつ...


腹パンまで野菜を詰め込むのではなく、ごはんをお代わりしてみたり


食後のコーヒーでお腹タプタプにするのではなく、甘いお菓子をつまんでみたり


空腹が落ち着くまではベジファースト!の掟をやめて、先にお肉とごはんを満足いくまで食べてみたり


これと決めて盛り付けた食事でも、食べたくない物は、明日に回したり



自分でも気づかないくらい、微々たる変化を積み重ねた結果...


答えは、ものすごく!簡単でした!!


なんじゃそりゃ?!??って。



明日に続きます。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。