FC2ブログ

治したいのに治したくない時

摂食障害
12 /11 2019

(※現在、実家に居候中。日々の日記や摂食障害について、ゆるゆる更新しています)   



おはようございます♪



実家に来て、ツワリに突入してからというもの、ズンズンずりずりと...ぐぅたら生活に引き込まれて行ってました。


特に早起きする理由もないし、体はダルいし眠いしで、起きるのは9時過ぎ


娘の昼寝も14時半~(私も一緒に2時間寝る)、夜寝るのは22時前と、どんどんずれ込んで行き...



このままでは、引っ越し後がヤバイ!!(ふぉとさんの出勤時間に合わせて、私6時半・娘7時半には起きなきゃ)


そろそろツワリも落ち着いてきた事だし、ここらで生活改善していかないと!!


...と、思っていたところに、妹と姪っ子が帰省。


2人は8時には起きるので、それに合わせて、徐々に朝方へシフトして行こうと目論んでいます。



8時に起きると、娘もEテレで『ワンワン』がみられる!散歩にもたっぷり行ける!お昼までお腹もたないので、10時のおやつもある!


まさに、早起きは三文の徳だ!




サバの塩焼き。


良い焼き加減に出来ました。大根おろしと合わさると、良いごはんのおともに。






ポテトサラダ。


これまで娘はポテサラ作っても食べてくれなかったのですが、今日はモリモリ食べてくれました。めげずにあげてたら慣れたのかも。


私はポテサラ好物なので良かった。明日の朝、トーストに乗せて食べます。






えのきとちくわと海苔のお浸し。


妹の好物なので作りました。すりゴマ+醤油のみの味付けですが、きのこの旨味で美味しくなります。





摂食人生の中で、いちばん逡巡した事は...


『治したいけど治したくない』


っていう、ハタからみたら理解し難いであろう、相反する気持ちでした。



この気持ち...


『治したい』ではなく『治そう!』と主体的に決意した後も


何度も何度も何度も現れ、寛解期の終盤に及んでも、なかなか完全には消えてくれませんでした。



多分、本当の私は治したいと思ってるし、このままじゃダメだって分かってる。


でも、依存してる私は治したくなくて、手放すのが惜しくて怖い。



過食嘔吐しているとき、体重増加が怖いとき、嫌な事があって心のモヤが晴れないとき、とにかく食べたくて仕方がないとき...


そんな時は、後者の自分が強く出る。


それはもう、理性や理屈は通用しないほどに。



ただ...過食嘔吐をしてしまった後


疲れた体、なくしたお金・時間・人間関係、何やってるんだろうという虚無感や罪悪感や孤独...


その度に、やっぱり治したい!という気持ちが込み上げて、苦しくなる。



自分で自分に


『一体どないしたいねん!!?!』


って、何度ツッコミを入れた事か



どうせ無理なら、開き直って『共存』を選んだ方が、いっそ楽になるんじゃないの?


いやいや、やっぱりこのまま過食嘔吐を抱えて生きて行くのはしんどいよ...


でも、たくさん食べたい!過食嘔吐を手放したら、こんなにジャンクな食べ物とは、一生サヨナラしなくちゃならなくなる


あーもう、どうしたいの?!分からない!!



ちなみに、克服した今となっては、過食で食べていたジャンクすぎる食べ物なんて、一切欲しません。


むしろ、なんで?あれがあんなに食べたかったの?よく食べてたな?...って謎です。


なので克服後の、ジャンクとのサヨナラに関しては、一切心配無用だったなーと思います。




何はともあれ


『治したいのに治したくない』...この気持ちを整理して、克服まで持って行くために私がして良かったと思うことはいくつかあります。


明日に続きます...



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

める

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。