FC2ブログ

寛解期(7)~戦いの始まり

寛解期
08 /08 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



夏の甲子園、始まりましたね。


高校大学と、部活で応援に行っていたけど


この暑い中、よくやってたな(T▽T)



あの頃は、10年以上前だったけど、今はもっと暑いはずだよね。


選手のかたはもちろん、応援団や親御さんなど...スタンドにいるかた含め


熱中症には気をつけて頂きたいですね。



暑過ぎて、食欲も下降気味です↓


冷たい物以外、あんまり美味しく感じないという、悲しい季節。口当たりの良い物にしました。


『トマトだれのイタリアンそうめん』



フレッシュな自家製トマトだれで、いつもの素麺をより爽やかに☆


暑い夏にも、食べやすいひと品です♪


宜しければ  レシピはこちらから♪




あとは、鮭と九条ネギのバター醤油焼き。


たまたまあった九条ネギで作りましたが、キノコやズッキーニでも美味しいかなぁと思いました。




カボチャと枝豆の炊き合わせ。


暑くても食べやすいように、薄めのダシでさっと煮ました。引越しまでに使いきりたい、冷凍庫のいりこでダシとったので、なかなか美味しく出来た。




大根と薄揚げの酒粕汁。


こちらも冷凍庫より発掘した酒粕で。娘も食べるため、酒粕は少なめにして、味噌を足しました。で、アルコールを飛ばすべくかなり煮込んだので、風味は損なわれました...


やっぱり、粕汁は冬に食べたい。




さっちゃんごはん。


苦手な魚や肉は、ハンバーグ風にすると食べる事が判明!...してからというもの、バカの一つ覚えのように魚バーグ。今日も、鮭とネギを細かく叩き、片栗粉で繋いでバター焼き。気に入ったもよう。


素麺は刻んでスプーンで。カボチャはもともと好物。粕汁は具だけあげました。




寛解期について


今日から、妊娠・出産の内容を含みます。


読みたくない方はお戻り下さい。





『GWに過食嘔吐しないチャレンジ』にて


9日間の過食嘔吐ナシ生活を達成した私。



その後、今のマンションに引っ越しし、心機一転頑張ろう!!


...と、思ったのも束の間


その後はズルズルと後退してしまい、毎日のように食べ吐きする生活に堕ちて行きました。



ま、それもまた想像の範疇というか...


引っ越しをする度『次の家こそ、過食嘔吐の思い出の無い家にするんだ!』って決意を新たにするのですが、2週間ぐらいすると結局...ってなる。


当時の自分アルアルでした。



そんな、生活の中


メンタルは止め処なく↓↓↓↓



今日こそは!と、許可食であるカフェメニューを食べながらも、食べてるそばから、このあと買い出しする自分が想像出来てしまって...


カフェを出ると、そこには地下鉄の駅。


『このまま遠くの綺麗な場所に出かけられたら、よっぽど有意義で楽しいのに』っていう想いとは裏腹に、足はスーパーに向かってる...



そんな自分が、浅はかで卑しくて醜くて


大嫌い!!大大大大大嫌い!!!!


今思えば、病気だったんだから...って思えるけど、当時はそんな余裕ありませんでした。



そんな時


まさかの


最近、生理が来てない



まさか、、ね。



まさか



うそだ...



娘が、お腹にやって来ました。


やって来てはいけない、私のお腹に。



正直、嬉しいとは思えなかった。



無責任


妊娠した自分を責めました。



妊娠8週


この8週間を思うと、恐ろしかった


自分が恐ろしかった。



摂食障害だけど


いつか、お母さんになってみたい



そう思って始めたブログだったけど


こんなの違う



ごめんなさい


ごめんなさい


ごめんなさい


ごめんなさい


ごめんなさい


ごめんなさい



赤ちゃんのいる実感も


母になる覚悟もないまま



とにかく治る


治らないといけない


治ります




挑戦ではなく、戦い。





妊娠検査薬は


自分への誕生日プレゼントでした。




検査薬すらまともに買えないぐらい


過食嘔吐でお金が無かった。




私の頭には


摂食障害の他になんにも無かった。







それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。