FC2ブログ

寛解期(8)~最後のキッカケ

寛解期
08 /09 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



娘のことを呼び捨てで呼ぶ!キャンペーン中です。(つい癖でチャン付けしちゃうけど)


もうすぐ1歳半。


先月、自ら勝手に卒乳(むしろ私の心が置いてけぼり感)。最近、メキメキと子供らしくなってきたし、そろそろ『チャン』は卒業かなぁと。



ちょっと寂しいけど


『さっちゃん』はブログの中だけにします。



今日も、引っ越しに向け、冷凍庫の整理キャンペーン!(キャンペーン多い...)


とか言いつつ、欲しい食品があるとつい買って冷凍庫に放り込んじゃうので、なかなか減らないっていう(T▽T)




牛肉とピーマンの細切り炒め。


焼肉用のお肉を冷凍庫から発掘。200gしかなかったので、焼肉は断念して、野菜でカサ増ししました。タレ漬けだったので、味付けナシ。野菜で味薄まってちょうど良かった。焼肉のタレって、何なん!?ってくらい、病み付きの味ですよね。




『ニラと薄揚げのふんわり卵とじ』


これはリピートして作ってます。


メインのボリュームが少ない時に、ささっと作れるレパートリー。



麺つゆで味付け簡単、とってもお手軽な副菜です♪


ニラの香りとふんわり卵、優しいだしのしみた薄揚げがよく合います☆


宜しければ  レシピはこちらから♪



キュウリと韓国海苔のサラダ。


ホントは日本の味付け海苔なのですが、ニンニクとごま油で韓国海苔の味。関係ないけど、韓国のビヨーンと伸びるアメリカンドッグ?食べてみたいです。




春雨入りトマトとツナのスープ。


ツナ、どこ行った(T▽T)




さっちゃんごはん。


ニラは硬いのでナシ、代わりに昨日の残りのカボチャで。スプーンもぼちぼち...最近たまに自分ですくおうとしてる時があります。(おかずの上をジャージャーしてるだけなので、手伝わないとすくえないけど)




寛解期について。


今日も妊娠・出産の内容を含みますので、苦手な方はお戻り下さい。




33歳の誕生日に妊娠発覚。



摂食障害が治ってない...むしろ、けっこう堕ちてる状況の中、無責任に妊娠した自分が許せませんでした。


もちろん、摂食障害だからと言って『妊娠・出産してはいけない』とは思っていません。


病は病として、子供の健康と幸せのために一生懸命に生きようって思えてたら、それでも良かったんだと思う。



ただ、当時の私は自分の事で...摂食障害の事で頭がいっぱいでした。


『食べたい』『痩せたい』『治りたい』


正直、これ以外は空っぽだった。(はい、病気だったので当然ですが...)



食べたくて痩せたくて治りたくて、頭の中がグチャグチャで、子供を欲しいと思える余裕が無かったんです。


ふぉとさんは子供を望んでいたけど、私はずっと迷っていて。2年続けた妊活を休みたいと...打ち明けたばかりでした。


でも、妊活を止めた時、すでに妊娠していたんです。



ただ、矛盾してるけど


授かった事はやっぱり嬉しかった。


嬉しくて嬉しくて、天にも昇る気持ちでした。



上手く書けないのですが


あの時の、とても不安でとても嬉しい気持ちは、もしかすると特別な事ではなかったのかもしれない。


お腹に命を宿した女の人、みんなが感じる事で、その気持ちには、大きいも小さいも無いのかもしれない。



米粒よりも小さな命に


自分の弱さと未来の重みを突きつけられる感覚



私の場合は、そこに立ちはだかっていたのが摂食障害だった...それだけの事。


だから『自分の事が許せない』なんて、後ろを向く必要は無かったんだと思います。


何事も、万全なんて事はないしね。




悲劇のヒロイン気取ってる場合じゃなかった。


いちばん大切な物は、前にしかなかった。


寛解中は、わざわざ後ろにある問題まで引きずって行かなくて良かったんです。


...って、今は思えるんだけどな。




当時はやっぱり許せなくて



子供と私の未来のために


吐いたらゼロ!


吐かなかったら100!



ただただ掲げて、戦う事にしました。


寛解すら怪しいのに、こうなったら治さないとダメ!絶対に治る!もう治った!


とても険しい考え方ですよね。



治った最大のキッカケは


娘がやって来たこと。


綺麗事じゃなく、これは間違いありません。



ただ、どれだけ大きな転機があろうと


一筋縄では行かないのが摂食障害です。



妊娠発覚後、1ヶ月は耐えました。


でも、ツワリで吐いた事を機に、私は過食嘔吐に戻りました。


思い出したくないけど、それが現実。ただ、あの頃の気持ちがあったから、今がある。そこを飛ばしては『寛解期』を語れません。


続きはまた記録します。




それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

寛解期〜怒涛のチャレンジ企画の記事の最後あたりにある、全てに共通する原因て何ですか?その後の記事にもそれらしい内容がないのでとても気になっています。

らんらんさんへ

コメントありがとうございます!
そうですよね(*_*)
話の流れで逸れてしまいましたが、もう少し後に書きますので、今しばらくお待ちください☆

ありがとうございます。
私自身も摂食障害で、年齢も近いので、勝手に親近感がわいています。
私は寛解などまだまだで、摂食真っ只ですが、ブログを読んで参考にして頑張りたいと思っています。

らんらんさんへ

ありがとうございます☆
そうなんですね。
宜しければぜひ読んでやって下さい^ - ^

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。