FC2ブログ

寛解期(11)~え、開き直り

寛解期
08 /13 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



母が日帰りで里帰りしたので


私は昼から実家の留守番でした。



父の調子、だいぶ良くはなったものの、母の不在時は、何かあった時のために、私か妹のどちらかは居て欲しいらしい。


せっかくだから一泊して来たら?と言いましたが、それは無理だって。


父は、母がいないと心身を崩す。これまでも、母の里帰り中に、父が倒れて救急車...という事が何度かあり。結局、母は夜中に隣県から帰るハメになっていました。家族には心配かけるし、ご近所にも迷惑&噂の標的。


トラウマなんだと思います。



母にとっては、独居老人の祖母(母の母)の事も気がかりなはず。


ゆっくり里帰りしたいだろうな。


させてあげたいのにな。



冷蔵庫に、キャベツ1玉!頑張って使わないと。


お好み焼きが食べたい気もしましたが、鉄板出すの暑苦しいし、娘にも危険なので...


『ふわふわとろとろ  とん平焼き』



とろみのついた豚肉とキャベツを、ふんわり卵で包みました♪


和風だしの効いた、優しい味のとん平焼きです☆


宜しければ  レシピはこちらから♪



クックパッドも見て下さりありがとうございます。最近、つくれぽを送って下さる方も増え、とても嬉しく拝見させて頂いております。つくれぽの方が、私よりお上手で、アレンジを教えて下さったり...とても楽しいです☆これからも、ブログと共に、マイペースに更新して行けたらと思っております。



あとは、さつま揚げ。


昨日、ふぉとさんの実家で頂きました。甘辛くてお箸が止まりません。




ピーマンとツナの炒め煮。


ピーマンって、1個ずつ洗ってヘタと種取るのが面倒ですよね。一瞬で取る方法とか、ないかなぁ...




ほうれん草と薄揚げのお味噌汁。


ほうれん草が苦手っぽい娘です...早いうちに慣れてくれれば良いなぁ。




さっちゃんごはん。


とん平焼きの具・ごはん・卵は、全部混ぜてお焼きにしました。ほうれん草も、嫌がる様子ナシ。暑さのせいか、ちょっと食欲ないかな。お焼きを少し残しました。




寛解期について、続き。



自分の中で、寛解期だと思ってるのは


32歳の夏に前のブログを始めてから、34歳の秋冬ごろにかけて...約2年ちょい。


今回は、33歳の冬~春先あたりの話です。



私にとって


『吐かない過食』が出来るようになった事は


まさに、最終コーナーへの切符でした。



ただ、忘れてはいけません。


どれだけ硬く決心しようと!何が出来るようになろうと!取り巻く環境が一変しようと!思考回路が変わろうと!


『明日から治る』


これは、ありません。(少なくとも私は)



絶対に治る!という揺るぎない意志と共に


すぐには治らない!という覚悟も決めました。



変な言い方だけど


また吐く事もあるだろうなって。


そんな自分も含めて、許そうと。




なので、基本は『過食しても吐かない』けど、どうしても無理!発狂する!って時は


吐きました。


で、終わったら『まぁいっか』『そんな事もあるだろう』と切り替えました。


変な話、吐いてしまった時も、自分の事は一切責めなくなりました。


残念ではあるけど『仕方ない』って感覚かな。


これまでは自分を責めていたけど、だんだん病気を責めるというか...過食嘔吐を忌み嫌う方に、シフトして行ったんだと思います。



ブログも続けていましたが、食事内容を載せる程度で、何もかもを、逐一記録する事はやめました。


それまでは、良いも悪いも吐き出して発散!書かないと嘘ついてるみたいでなぜか後ろめたい...みたいな感じだったけど


最後は一人で集中したかったんだと思います。



吐かない過食に切り替えてから


昔のように、苦しくなるまで詰め込む事はなくなりました(過食嘔吐というか、ちょっと食べ過ぎたら嘔吐...ていど)。悪い波が来る頻度も減って行きました。


ただ、どうしても心が苦しい時は吐く...そして、その忌まわしさを再確認し、戦う決意を新たにする。


上手く言えないのですが、最後は『嘔吐に頼りながら、嘔吐から離れて行く』そんな感じがあった気がします。



娘を産んだのは、ちょうどそんな時。


吐かない過食を始めてから、約3ヶ月が経っていました。


その頃になると、吐く事はなくなっていたけど、過食っぽい食べ方になる事はまだあったし、その後に吐きたいと思う事も、たまにはありました。


ただ、もともとヘタレで不器用な私。


産後のダメージと、慣れない育児で、テンパりまくりの日々!赤ちゃんとの生活にイッパイイッパイ過ぎて、それどころではなくなりました!!!




え?!って事はよ?!?


ここで、ゴールテープ?!?!


...って、その時まで思ってた。




でも、『吐かない=治る』は違いました。


本当の意味で楽になるまで、あと1年ほど寛解期は続きます。



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。