FC2ブログ

寛解期(13)~ラストスパート

寛解期
08 /17 2019


スポンサードリンク



おはようございます♪



一昨日、歯を強打した娘。


午前中、再びK大病院に行って来ました。



経過は良好との事で、これ以上の治療は特に必要ないとのこと。


念のため、近所の小児歯科に紹介状を書いて貰ったので、1ヵ月後くらいに、経過を診せに行こうと思います。



娘自身はとても元気で、食欲もあります。


いつものアンパンマンせんべいだけ、前歯でかじれないため、ポキポキ折ってあげてる。



病院だったので、なんかバタバタしてました。


料理もバタバタ。




いわしフライ。


ザ・揚げムラ...急いで作ったら適当になってしまいました。味は美味しかったです。私はウスターソースで食べるのが好き。




タルタルブロッコリー。


娘が好きなのでよく作ります。




ヒジキと大豆の炊き合わせ。


薄揚げと人参も入れました。あと1つで五目豆になったのですが、入れられそうな物が何もなかった。




サツマイモと玉ねぎのお味噌汁。


イモ&ネギ...娘の好物。




さっちゃんごはん。


今日も歯に優しそうなメニュー。ヒジキは刻んでお粥に混ぜました。あとは納豆など。食欲はあるのでペロリと完食。




寛解期に付いて、続きです。



私の中での寛解期は、32歳の夏~34歳の冬頃...約2年ちょっとです。


今回は、34歳の夏頃~のお話。


まさに、ゴールは目前です。



吐く事を手放してから、半年以上が経ち


禁止していた甘い物も、気の済むまで食べ倒した結果、特別欲する事もなくなり


過食(非嘔吐)っぽい食べ方になる事もなくなりました。



が!


最後まで手放せなかったのが


痩せ願望。



吐かなくなった代わりに、許せるカロリーの範囲で食べたい物を食べる生活。


長時間の運動もやめられず...


吐いていた時より、むしろ低体重をキープしていました。


当然、体は飢餓状態。



思う存分、食べたい


でも、吐かない過食は辛い


となると、またいつか過食嘔吐に戻るのでは?


いや、戻るんだろうな...



ぱーっと食べ吐きしたい



良からぬ考えが、ちょくちょく頭を掠めるようになりました。


ただ、そこに引き戻されなかった1番の理由は



めんどくさい!!!!!


が、勝ったからです。



15年近く過食嘔吐だった私。食べ吐きに振り回される事に、もはや疲れていました。



33歳の冬に吐かなくなってから


吐かない過食


菓子パン地獄


カロリー縛り、過活動...


色々辛かったけど



過食嘔吐の辛さを思えば、ぜんぶ


屁...みたいなもんでした。



だから


『もう、あきらめよう』って。


自分が勝手に決めた規則、思い込み、低体重...とにかく全てが面倒になって行きました。



そう、ラストスパートは意外と頑張ってないんです。


それよりも、面倒な事を諦めていった感じ。



諦め  その①


食事、適当で良いや。



それまで、食事は一発入魂!


その時その時、いちばん食べたい物を厳選して。娘を寝かし付けてから、自分の分を綺麗に盛り付け、熱いものは熱く、冷たいものは冷たい状態で...目で、五感で、頭で、カロリーで、納得しながら。ひとり優雅に!集中して!噛み締めて!


...1回1回が、とにかく面倒でした。


なので、もう娘と一緒に適当に食べよう。ごはん以外は温めるのも面倒だし、適当にワンプレート盛りで良いや...みたいな感じになりました。


それに付随して、野菜の大量摂取や、激アツの汁物もやめました。



諦め  その②


省エネだって良いじゃないか。


私が過活動だったのは、痩せたいからというより、ある一定量を食べたいから...という感じでした。あとは、空腹にならないと食べちゃダメな気がするとか。


これもまた、変な思い込み。1日中ゴロゴロした日は、確かにお腹減らないし、ごはんも美味しく感じません。なので、ちょっと摘んで終了とか...それでもエエやんって思えるようになりました。


私はもともと運動が好きではありません。娘の昼寝中は一緒に寝たいし、夜ごはんの後は、ずーっとYouTubeみてゴロゴロしていたい...




諦め  その③


カロリー計算は無意味。


食べたい物を好きなだけ食べる...が出来てこそ克服って感じしませんか?


摂食障害の頃は、好きなだけ食べる事を許したら、ジャンクな物ばっかり、さぞ大量に食べるんだろうなって思っていて。実際、吐かなくなってしばらくは、何回も甘い物の過食になりました。


ただ、吐かない過食を積み重ねたおかげ?もう、変にたくさん食べたくならないというか...崩壊していた『お腹いっぱい』の感覚が、今は完全に戻っています。過食時のようなジャンクな物も、あんまり食べたいと思わなくなりました。


今は、カロリー計算を放棄して『食べたい物を好きなだけ』食べていますが、極端にたくさん食べている訳ではなく、むしろちょっと小食寄りかもしれません。(もともと小食なのにポッチャリなヤツでした)




諦め  その④


かれこれ5~7kgぐらい増えた事。




はい


ここまでが、34歳の冬までのお話でした。


私の中での寛解話は以上です。




現在、そこから更に1年経っています。


次回、寛解後の1年について書かせて頂き、寛解シリーズを結びにしたいと思います。


もう少しだけお付き合い下さい。


それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。