FC2ブログ

寛解から克服へ

自己紹介
07 /10 2019

おはようございます♪



娘、1歳4ヶ月


1歳ぐらいまでは、まだまだ罪なきさっちゃんでしたが、最近、どんどん知恵がついてきました。


最近、激しいのが『ねんね詐欺』←ふぉとさん命名



とにかく『ねんね』と言うと、お布団でトントンしてもらって、甘えられる!という事を覚えまして...


寝ても覚めても、起きてすぐでも、眠たくなくても、とにかく『ねんね』!


『ねんね!ねんね!ねんねんねんねん...!にぇんにぇ~~!!!にぇんねん◯△◇☆◎...』


と、攻撃して来ます。



やけど防止に、キッチンの前にベビーゲートを付けたのですが、それによって拍車がかかり。


ベビーゲートを引っ掴んでガタガタ!!破壊されそうな勢いです。


ガタガタやりながら『ねんね!』


オオカミ少年の話を彷彿とさせますが、『ウソはいけないよ』が通じる相手ではありません。



結局、とりあえず並んでネンネさせちゃう...


眠くないから、気が済んだら勝手に遊び始めます。


ふーヤレヤレって家事にとりかかると、背中に冷たい気配



『ね、ねんね...ねんねねんねねんね!!』



この繰り返しです。


唯一、この負のサイクルを打破できる魔法の言葉があります。



『まんまやで』



これを言うと、一発。


『ねんねねん...ま、まんま?!まんま☆☆』



まんまの力は偉大です。




スポンサードリンク



今日は、お魚です。


鯛とアサリで『アクアパッツァ』




白ワイン?そんな代物、ウチにはありません。いつもアクアパッツァ『風』に家にある物で作ります。


それでも、ガーリックオイルに魚介の旨味が溶け込むと、とても美味しくなりますね。


鮮やかなトマトとパプリカで、目にもおいしいレシピです☆


宜しければ  レシピはこちらから♪



貝が大好きなふぉとさん。好きな食べ物を聞いたら、1位→おかんのシジミと生姜の炊き込みご飯、2位→シジミの味噌汁(レトルト)、3位→海外で食べたエスカルゴ。...ふぉとさんたら正直者すぎ。




あとは、ハムマヨサラダ。


キャベツと人参を塩コショウで炒めて水分を飛ばし、ハム入れてマヨビームです。母がよく作ってたやつ。





ナスとピーマンの炒め煮。


夏になると、よく登場するおかず。ジャコをたっぷり入れると美味しいです。






白菜のコンソメスープ。


暑苦しいので冷やして飲みました...おいしさ半減ですが、娘がいるのでエアコン緩めだし、とにかく暑い。






さっちゃんごはん。


体調不良で半減していた食欲、メキメキ回復して今日は完食。手づかみ食べはじゅうぶん上手になったので、スプーン練習仕様にしました。


とにかく、柔らかく煮込んだ野菜が好きみたいです。





昨日書いた、私の摂食障害についての後編。


今日は、寛解期の心の移り変わりについて書きたいと思います。



私もそうなのですが、摂食障害って、『◯月△日になりました』とか『◯◯で病気が見つかりました』とか、明確な境目って無いのかなって思うんです。



なんとなく、元々なりやすい気質を持っていたところに


たまたま、環境的な要因が重なり合って


それにより、偏った思考や行動が始まり



やがてそれが、過食・拒食・脅迫・嘔吐など、症状として具現化されてからも


始めは浅いところから、緩やかに沈んで、深みにハマっていく...そういう病なんじゃないかな。



なので、以前は


あの時、吐いていなければ


吐いてしまった自分が諸悪の根源



そう思っていたけど、今は少し違っていて。


吐いてしまった時点で、実はもう病気だったんだろうなって...そんな風に思うんです。



私の場合、過食嘔吐の起爆剤となったのは、昨日書いた自己紹介の内容通り


『太った自分は、部活にいる価値がない』


こう思ったから。...なんだけど



果たしてそうでしょうか?


吐いてまでして、ピラミッドの上で華やかな技を決める事だけが『価値』ですか?


これは、健康的な人間のする判断ですか?



答えは『NO』です。



今、あの頃にタイムスリップ出来るとしたら


私は、即刻!上に乗るポジションを降ります。



辛くて心身を壊すくらいなら、組体操の時は裏方に回って、それ以外の所で部に貢献します。


例えば、私は踊る事が大好きだったから


ダンスの事をたくさん学んで、良い音楽をたくさん聞いて、舞台をみて...


演技の構成や、振り付け、ライティングなど、私の持ち味の活かせる、新しく楽しい価値を探すでしょう。


その方が、自分も周りもハッピーです。




ストイックに上を目指す生き方って、もちろん格好良いけれど


自分の弱さを見せられる人、その上で強みを持っている人、頑張ってる人、明るく笑い飛ばせる人って、私はとても好感が持てるし惹かれる。


今は、そういう人に憧れます。




誰に何と言われようとも、自分さえブレなければ...堂々と道の真ん中を歩ける人生なら


皆と違っても良いんです。


ちょっと変だけど何しか頑張ってる...何とはナシに面白そうなヤツになりたい。



他人ではなく自分が


何を良いと思うかで、世界は変わる



そういう思考の変化の積み重ねこそ


私にとっての『寛解』でした。



摂食障害の始まりがそうであったように、終わりも同じ。


『◯月△日に治りました』とか『◯◯をして治りました』とか...そういう物ではないのだと思います。一進一退ありながら、少しずつ少しずつ前に進んで、本来の自分に会いにいく。




私にとっての寛解は、自分の中にある後ろめたさを許していく過程でもありました。


もちろん、摂食障害になった事や、症状も含めてです。



自分を許し、受け入れる中で


『治りたい』という漠然とした気持ちが


『治そう』という主体的な力を持って、より強く働きかけるようになった気がします。




抽象的な表現が多くてすみません。


ただ、どうしたから治る!という病でもないため、私の中でも境界線が曖昧なんです。


過食嘔吐を手放したのは、2年近く前ですが、果たしてそれが克服だったかと言われると、全くもって違うんです。


本当の意味で楽になれたのは、ここ半年ほどかなぁと思っています。




長くなりましたので、自己紹介はこの辺にして...


摂食障害については、また折に触れて考えて行きたいと思います。


ごはん日記も気ままに続けて行こうと思いますので、宜しければまた遊びに来て下さい☆





それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。