FC2ブログ

キッチンが嫌いな理由

お家ごはん
09 /21 2019


おはようございます♪




いよいよ、日曜日は引っ越しです。(といっても、2ヶ月ほど実家に居候し、家が完成したらまた引っ越し)


今日は昼間に大詰め作業をし、夜は実家に泊まります。


なので昨日で、今のキッチンで料理するのはラストでした。(『で』が多い...)




正直、好きではなかったキッチン。




①めちゃくちゃ狭い


スペースなさすぎて、後ろの洗濯機の上にボウルやお鍋置いたりしてた。




②暗い


窓がないので換気も最悪。




③エアコンない


扇風機やヒーター置くスペースすらない。




④玄関から丸見え


てか、玄関からリビングに続く廊下の途中にある感じ...学生マンションによくある感じ?




⑤IHも1つだけ


ラジエントヒーター?も1口あるけど、使いにくくて、ほぼ使わず。




なんでそこ選んだ?!って感じだよね。


今のマンションは、深夜に帰宅する繁忙期のふぉとさんの負担を軽減するため、まずまず街中&駅近(&私の希望で綺麗なとこ)を選んだため...


家賃的に、広さや設備を妥協するしかなかったんですよね。




まさか、子供が出来るとも思っておらず。


一応、入居時は子連れNG。途中で出来るのはグレーゾーンだけど、だいたい次の更新で出る方が多いかな...


今回、家が完成する前に出るのも、そういう理由です。




ラスト料理は、手抜きの極み...


カレーのみ!!(T▽T)




ふぉとさん飲み会で、夜は要らないとの事だったので、即決!


カレーなら、冷蔵庫のアレヤコレヤも消費できますよね。冷凍していたトマトも大量投入。お肉も、ハンパな鶏肉と豚肉、両方とも入れてやりました。


大量に出来たので、明日からお世話になる実家に持って行きます。




冷蔵庫の中身は、だいたい消費出来ました。


残念ながら、どうしても使い切れなかった半端物は出てしまいましたが(冷凍水無月・半端野菜・調味料etc)


実家の冷蔵庫に入りきらない分は、ゴメンナサイするしかないかな...




さっちゃんごはん。


カレーの具を取り分けて、ケチャップとソースでハヤシライス風にしました。あとは、お弁当に使ってたプチトマトを湯むきしたのと、冷や奴。小松菜たっぷりの出し巻き卵(レンチンですが)。今日のは、ぜんぶ気に入ったもよう。






ズボラ主婦の食事日記。


(編集の都合により、↑上の写真達より1日遅れとなっております)





チーズトーストと充実野菜。野菜生活から充実野菜になりました。味の違い、分からず...






昼がいちばん食べられる。ただ、どうしてもパン屋さんに行ってしまいます。サンドイッチと焼きカレーパン。9月始めは、残り物リメイクで食費浮かせてたのになぁ...







なんか、色々食べるのが面倒になり、フィッシュバーガー風(味だけ)。マヨネーズが少ししかなく、引っ越すから新しいのも開けたくなくて、マヨ・すりゴマ・醤油・酢で、ゴマドレ作ってかけました。ポテトは、ふぉとさん弁当用に揚げたやつです。


この日は、3食パン!(T▽T)






今のキッチンが嫌いな最大の理由...


やっぱり、過食準備の思い出がある事。




これまでの人生


実家・ 一人暮らし・前のマンション・今のマンション...4つ経たけど


それぞれに、摂食障害の思い出がある。




良い思い出も、たくさんあるはずなのに、一歩入ると...部屋を見ると...近所を歩くと...


そういう事ばかり思い出してしまいます。


なので、実家は仕方ないけど、東京にも行きたくないし、新婚時代のマンションにも近寄らないようにしてる。




無理。




今後の人生、私は絶対に戻らない。


摂食障害だった頃の自分が、遠くなればなるほど、そう強く思います。


誰が何と言おうと、もう懲り懲り。




引っ越しという大きな節目...


また気持ち新たにスタートしよう☆




1週間ほど?いつも通りの更新は出来ないと思います。(写真も写メになるかも)


引っ越しや、実家での事、娘の成長など...ツラツラゆる~い日記みたいになるかもですが


宜しければ、また遊びにいらして下さい♪



それでは、今日はこの辺で


皆さまどうか良い1日を


さっちゃん家のごはんでした♪




ランキングに参加しています。応援して頂けますと励みになります☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ







スポンサードリンク


関連記事

コメント

非公開コメント

さっちゃん家のごはん

昨年、20年に及ぶ摂食障害を克服しました。きっかけは、どんな事があった日も「夕飯だけは食べる」と決めた事。今でも、夕食は私にとって特別な存在。丁寧に作り、緩やかに食べる...心地良い瞬間を伝えられたらと思います。